スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シューゲイザーの再来…と思いきや…

あまり大会の情報をチェックしない私ですが、知人から「イメンブーゴが流行っている」と聞き、いてもたってもいられなくなったので今回は「龍覇イメン=ブーゴ」のデッキを組んでみることにしました。

「水闇自然」、「水火自然」の3色構築と、自然単色の構築があるようですが、個人的にはアグレッシブに殴っていくデッキの方が好きなので「水火自然」の構築をベースにしました。

とりあえずせっかちな方がいるかもしれませんのでリストです。


『水火自然 イメン=ブーゴ』

1 x 光牙忍ハヤブサマル

4 x 終末の時計 ザ・クロック
4 x ドンドン吸い込むナウ

1 x 盗掘人形モールス

1 x 爆轟 マッカラン・ファイン
1 x カモン・ピッピー
2 x 不知火グレンマル
2 x 百万超邪 クロスファイア

4 x 霞み妖精ジャスミン
3 x 天真妖精オチャッピィ
1 x 次元流の豪力
4 x 龍覇 イメン=ブーゴ

4 x 爆砕面 ジョニーウォーカー
1 x 無双竜鬼ミツルギブースト
1 x 鎧亜の咆哮キリュー・ジルヴェス
4 x 飛散する斧 プロメテウス

2 x 逆転王女プリン


1 x 時空の踊り子マティーニ/舞姫の覚醒者ユリア・マティーナ
1 x 魂の大番長「四つ牙」/バンカラ大親分 メンチ斬ルゾウ
1 x タイタンの大地ジオ・ザ・マン/貪欲バリバリ・パックンガー
2 x 邪帝斧 ボアロアックス/邪帝遺跡 ボアロパゴス/我臥牙 ヴェロキボアロス
1 x 勝利のプリンプリン/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 激相撲!ツッパリキシ/絶対絶命ガロウズ・ゴクドラゴン
1 x 勝利のリュウセイ・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン


とまあこんな感じです。
動きのベースとしては、

2→4吸い込む→プロメテウス→イメンボアロ

で、そこから「ミランダリュウセイ」と繋げて最速龍解か、「キリュープリンプリン」でワンショットの流れになります。
まぁその辺は私なんかよりもみなさんの方が詳しいかと思います。

今回のデッキでは、ボアロパゴスへの龍解後に注目した構築をめざしました。
アナカラーでも、シータカラーでも、基本的な動きはフォートレスへの龍解後に、グレンマルをニンジャストライクし、クロックを出すことでヴェロキアボロスの龍解を目指します。
しかし、このギミックを知っている相手は容易にアタックしてきません。
そこで、龍解後にターンが返ってきたときにフォートレスの効果を有効に使えるように「グラヴィティゼロ」にいきつき、現在の構築となりました。

○百万超邪 クロスファイア
小型のcipクリーチャーで場を整えていく都合上、軽量除去によって簡単に場のクリーチャーが減って、墓地が肥えやすいことや、リセット呪文への返しとして投入しました。
自身がSAであることも含め、打点形成を一瞬で完了させられるので、メインアタッカーでもあり、奥の手でもあります。

○盗掘人形モールス
5コストであること、墓地を回収できること、の2点が特に重要ですね。
リセットからの立て直しの起点にできます。

○爆砕面 ジョニーウォーカー
フェアリーライフを切ってまで採用してます。
ブーストやクロスファイアのための墓地肥やしであると共に、「小型除去」「ボアロパゴスの低コスト誘発」と、後半でもなかなか腐りにくい為に採用しました。

○ 無双竜鬼ミツルギブースト
ボアロによってほぼ無限に利用できる6000火力です。5マナから次ターン7マナに繋ぐ役割もあります。
小回りの利くクリーチャーなので十分採用圏内だと感じ、投入しました。



相手ターン中に動くシノビ型に比べ、自分のターンにより多くのアクションをすることで、攻撃力を高めました。
その分、パクリオなどの妨害札が減ったり、アポデイのような全体除去に弱くなってしまいました。4マナ時にできることが少ない点もまだまだ改良の余地がありそうです。
ボアロで出すクリーチャーの候補もまだまだありますし、今後十分強くできるデッキタイプだと感じます。
個人的には

・龍素記号 Xf クローチェ・フォーコ
・光牙忍ソニックマル

の採用も考えています。
前者は新しいグラヴィティゼロで、終盤での息切れを防ぎます。ブロッカーであることも大きいですね。
後者は逆転プリンの代役です。シノビであるため、ボアロパゴスと併せればクロックも釣ってこられるので、選択ってところでしょうか。今のところ、相手のブロッカー(特にジャンヌ)を意識して逆転プリンですね。

グラヴィティゼロがなかなか悪いことできるので、またしばらく練っていこうと思っています。
面白そうだと思った方は、是非組んでみてください。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

デッドマンに戦慄するとかしないとか

4か月ぶりの更新です。バロンです。
4か月の間には色々ありましたね…ホント…
何と言うか仕事きつすぎてヤバいしかいえないくらい、個人的に色々ありました。


ってわけで、今回は最新カード「龍覇 ザ=デッドマン」を使ったデッキをご紹介します。
公式の裁定でTwitter上では結構物議をかもしていたカードですが、結局強い方の裁定におちつきましたね。

何がいいって、レアリティが低い!
同時に登場した「グレンモルト王」がVRで出にくい&販売価格が高いということで集めにくいのに対し、こちらはRということで、私もパック剥いているうちにいつの間にか集まったほどです。
あとは「侵攻する神秘 ニガ=アブシューム」を手に入れれば万事解決ですが「=V=」なんですよね…

まぁそこは置いといて、デッドマンの効果は非常に強力。
「ニガ」が出ていれば5コスト払えばどんなカードでも使えてしまう優れものです。
ってわけで、この効果はやっぱりゼニスと相性がいいですね。その中でも「戦慄の頂」はドラゴン回収能力もあり、最高のシナジーを形成します。
で、作ったのがこちら↓

『デッドマン戦慄』

3 x 「戦慄」の頂 ベートーベン
1 x 「修羅」の頂 VAN・ベートーベン

4 x ドンドン吸い込むナウ

1 x 威牙の幻ハンゾウ

2 x モエル 鬼スナイパー
3 x 暴龍事変 ガイグレン
1 x 勝利宣言 鬼丸「覇」
1 x 超銀河竜GILL

1 x 蛇手の親分ゴエモンキー!
4 x 龍覇 ザ=デッドマン
4 x フェアリー・ライフ
4 x ピクシー・ライフ
1 x セブンス・タワー
1 x 再誕の社
3 x 超次元フェアリー・ホール
1 x 爆進イントゥ・ザ・ワイルド

1 x ボルバルザーク・エクス
4 x フェアリー・シャワー


1 x 魂の大番長「四つ牙」/バンカラ大親分 メンチ斬ルゾウ
1 x 始原塊 ジュダイナ/古代王 ザウルピオ
2 x 侵攻する神秘 ニガ=アブシューム/五邪王 ニガ=ヴェルムート
1 x 勝利のガイアール・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン


水火自然にハンゾウをタッチしてあります。
まず、今回のデッキは動きとしては「ビッグマナ」や「刃鬼」に近いと考えました。
で、より環境で根強い人気と実力のある「刃鬼」を構築の参考にしました。(次元残り3枠は考えてない)

真っ先に狙いたい動きが

ライフ→吸い込むorシャワー→フェアホ番長→デッドマン

という最速でデッドマンを召喚するものです。
こうすることで、番長が除去されていなければ、次のターンに10マナにたどり着きますので、高コストドラゴンを2体召喚できます。
また、仮に除去されていても、吸い込むorシャワーorゴエモンキーで強引にフィニッシャーを1体場に送り出せます。
さらに、デッドマンが除去されてしまったとしても、「ニガ」が場に残りますので、ガイグレンのマナ武装が発動して、単騎でフィニッシュまで持って行けます。

「戦慄」の役割は防御とフィニッシャー回収です。
タップしていればガイギンガと相討ちを取れることから、かなり防御面で優れています。ハンゾウとシナジーを形成して、エターナルΩによってハンゾウを毎ターン使用できることも注目ですね。
ドラゴンを回収と言うことで、上手に回転させれば場にフィニッシャーを一気に並べることも可能です。エクスが5マナで召喚できることと、3マナブーストできることを考えると、選択肢も広がります。

では他のカードの採用理由についてです。

・ 「修羅」の頂 VAN・ベートーベン
単純に除去です。
場合によっては「王牙」とチェンジも考えていますが、除去範囲とロック効果が採用理由ですね。

・モエル 鬼スナイパー
モルト意識です。刃鬼が原型なので、フェアホ勝利ガイアールで2体除去できるのはおおきいですね。
他のカードとのシナジーは薄いので、正直手札に来たらマナですかね…
環境によっては「炎獄スクラッパー」と交換してもいいかもしれません。

・暴龍事変 ガイグレン
このデッキが成り立っているのも、このカードのおかげだと思ってます。
コートニーやイメンブーゴでは、ガイグレンのアタックがトリガーによって途切れてしまう可能性が高いです。その点、にがであれば「落城の計」が出たとはいえアタックが途切れにくく、途切れたとしても、その時はガイグレンが相手に選択されているはずなので効果が起動できます。
上にも書いた通り、デッドマンが除去されていても、効果が発動できるのでかなり高評価してます。

・始原塊 ジュダイナ/古代王 ザウルピオ
ウェポン面の効果を主にっ使っていきたいですね。2枚目のデッドマンを場に出した時に呼んできます。
2体目を出す頃には、マナにドラゴンが結構いるはずなので、そういったドラゴンを呼び寄せる役割があります。
裏返っても、相手にフィニッシュされにくくなるのはポイント高いです。



全体的に、それぞれのカードのシナジーを重視して作ってあります。
実際に作ってみると、なんか「新世代デッキ」っぽくてかなり気に入っています。
もうしばらく練っていこうかとも思ってます。アドバイス等あればコメントお願いします。

バロンのデッキ構築劇場『ボルコン』

はい、分かる人にしか分からないネタですが、完全にパクリです。

最近のパワーカードにおされ、切り札を場に出したところで、「召喚、即勝利」を成し遂げなければ、「棒立ち、即デスゲ」となる昨今の環境で、




やっぱ俺、ボルメテウス使って勝ちてーわ



ってなっちゃうくらい、ボルメテウスに思い入れがあります。
「ボルコン」って言うと、

・ハイランダー
・超次元なし
・光水闇火のみ
・スピードアタッカーなし
etc…



なぁんて縛りを付けてボルコン杯というのが開かれているようですが、伝統を大切にしすぎて、一番大切な「今勝つこと」を忘れてませんか?
というわけで、今回のデッキは、そんな縛り構築に正面から喧嘩を売っていく感じに仕上げていきましょう。




まず切り札の《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》。
通常だと2枚が相場なんですが、今回は墓地に落ちたこいつをリアニメイトしたり、回収したりするのにスペースを割きたくないので3枚投入します。また、《ボルメテウス・レッド・ドラグーン》が入る場合もありますが、8マナと言うのは非常に重く、8マナ溜めてから次のターンに除去なりなんなりで道を作るのは困難です。相手の準備が整いすぎてしまうため、投入しません。

ボルコンは、手打ちで除去呪文等の妨害カードを打ちたいため、《フェアリー・ライフ》などのブーストカードにスペースを割くことができません。また、ブーストカードを入れない理由として、意に反してマナに置かれるカードが出てくるため、ピン挿しカード等、どうしても必要な場面を考慮して回収用カードか、結局複数枚搭載にしなければならないというメリットが考えられるため、このデッキでは自然文明のブーストカードをあきらめます。あくまで除去コントロールの姿勢は貫き、相手に先行するのではなく、相手を足止めして戦うスタンツでいきます。

では必要な除去カードは何かという話になるんですが、コスト的な話からします。
当然ですが、毎ターン生み出せるマナを使い切ることが理想です。つまり、2ターン目には2コスカード、3ターン目には3コスカードとなるわけですが、4ターン目の4マナでは2コスカードを2枚、5ターン目の5マナでは2コスカードと3コスカードを使うことができる点に注目してほしいです。1ターンに使うカードの枚数を増やすことで、より小回りの利く柔軟な対応ができることと、高コストカードばかりのデッキでは毎ターンマナを使い切ることが難しくなります。
というわけで、2コストカードとして《特攻人形ジェニー》、《ゴースト・タッチ》、《スパイラル・ゲート》を、3コストカードとして《エナジーライト》、《魂と記憶の盾》、《天界の神罰》を採用します。
特に《エナジー・ライト》は、3ターン目に確実に唱えたい呪文ですので4枚採用したいです。《天界の神罰》は、最軽量確定除去呪文として最高のカードです。

当然ですが、これだけでは昨今のウィニーを抑えることも、《龍覇グレンモルト》を抑えることもできません。
そこでST枠として《めった切りスクラッパー》を採用します。6コストまでの一掃系呪文です。最近のSTは1体を止めることが重要視されていますが、このデッキでは1体ずつなら《天界の神罰》で対応できるため、如何にして手数に対応するかをメインに高コスト除去を選びます。また、最近のカードはコストに対してパワーが高い傾向にあるため、コスト参照カードであれば、思わぬ大物を倒すことができると考えました。


そして最後に中盤の要として《激天下!シャチホコ・カイザー》を採用します。
・このデッキの除去・ドローカードが含まれる3コスト域を回収する《超次元ドラヴィタ・ホール》
・パワー参照ではなくコスト参照で除去をする《超次元ムシャ・ホール》
・2体除去や、ディアスへのアクセスが可能な《超次元ミカド・ホール》
これらの1枚で大きめのアドバンテージを稼ぐことができる3種類の超次元呪文すべてからアクセスでき、《特攻人形ジェニー》、《黙示護聖ファル・ピエロ》によってほぼ無限にアドバンテージを稼ぐことができることが最大の要因です。とてもじゃないですが、最近のカードプールに対してボルコンで戦う場合、こういった1枚で半無限にアドバンテージを稼ぐカードがないと厳しいです。ブーストしない分マナも少ないですし…

と、いうわけで、上記カードをいい感じにまとめてこんな感じになりました。

続きを読む

カードの移動を伴わないイカサマ

土曜日にDRで「ジェニーヴォルグ」の話が出て、そういえばそっちのイカサマもあったなと思ったので、記事にします。

過去に「具体的にどんなイカサマがあるのか」「イカサマのなにが問題なのか」ってのを記事にしましたが、そこに書かれた内容とはまた違ってきます。



皆さんは「時そば」というお話をご存じでしょうか?ご存じない方はwikiのリンクを読んでなんとなく把握してください。
何が言いたいかと言うと、「意識誘導によるイカサマ」が存在するってことです。

DMでよく、「あれ?どれがアタックできないカードだっけ?」って状況になったりしないですか?
いや、ちゃんとカードの整理したりよく見たりしてればめったにないんですが、たまーに人の見てると、プレイヤー同士が一つ一つ確認してるんですよね。ってことは全くない状況ではないです。

もう一つ例を出してみましょう。
相手のマナに8枚カードがあります。その8枚を4枚ずつに分けて、相手は4コストのカードをプレイしました。
では、どちらの4枚を使ってカードをプレイしたのでしょうか?
これはマジでよく見ます。カードをプレイする時に、マナタップをしない人によくあるあれです。さっと横に払うだけの人ですね。これは後述するイカサマに繋がりますので、十分注意してください。



こうして見ると、実は必要なカードを手札に入れたりする以外にも、イカサマが存在します。
ポイント(?)は意識を逸らすことです。これはカード移動を伴うイカサマもそうなんですけどね。
例えばマジシャンも、手の中に隠したものを隠したい・しまいたい時は、ポケットの中からものを取り出すアクションと同時に行います。そうすることで、ポケットの中に手を入れることが不自然ではなくなるわけです。

実際のシーンで思いつくのは、相手の手札やマナを指さしながら「何枚ですか?」と聞く。ただ単純に聞くだけよりも指をさすことで相手の意識は強くその場所に引き付けられます。そのタイミングでアクションを起こすってことです。
ジェニーヴォルグが発生した試合では、ジェニーで相手のハンドを落とす際に、選択肢は『永遠のリュウセイカイザー』と『ソルハバキ』という状況で、わざわざ「考えます」とワンクッション置いています。これがマジで「考えていた」なら…これ以上は言いませんが、一瞬の間があったのは事実です。まぁ対戦相手がなぜ気付かなかったのかは謎ですが、CSという緊迫した状況がそうさせたのでしょう。ヴォルグを投げた後は痕跡を隠すようにラストストームの下にヴォルグを重ねましたね…

正直彼にどういった意図があったかはわからないですし、これ以上は個人への攻撃になりますが、イカサマにせよプレイミスにせよ、意識が外れると起こりえないことを容認してしまうということは現実問題あるってことですね。

マナタップについてです。
マジックのテクニックに『マジシャンズ・チョイス』ってのがあります。細かく言うと多分違いますが、「相手にどちらともとれるような選択」を迫るのがこのテクニックです。
さっきの例で言うと、横にはけたカードで、ドロー系統のカードを使ったとします。今は使えませんがサイバーブレインとか?まぁ吸い込むでもいいんですけど。で、引いたカードに、4マナ以下のカードがあって、状況的に使えるとします。この時に、一方の4マナでは使いたいカードの色がなく、もう一方にはその色があるとします。(まぁそうならないようなプレイングが通常望ましいですが…)ここで、厳密にマナをタップしなかったことが活きます。8枚を完全に重ねてそのカードをプレイしてしまえばいいのです。多分ポイントはカードをプレイしてから(場に置いてから)、マナを重ねることですかね。相手の意識はプレイされたカード、もしくは移動が必要なカードに向きます。4色以上を使用するデッキとの対戦では、このイカサマを使われると結構厳しいです。また、高速でカードをプレイされると、マナの色を確認できずにイカサマが完了してしまうのも、このイカサマの害悪さを物語っています。




カードゲームはある種、お互いの信用の上に成り立っているようなところがあるので、こういう細かいことをされると、当人は全く気付かずにことが終わります。後者に至っては、あとからプレイングを見直しても、相手のマナに何があったか覚えていないため、結局わからず仕舞いになります。最近のカードがフルイラストやフルホイルが増えて、カード自体の色で文明を把握しにくくなったことも原因です。
以前投稿したイカサマもpそうですが、イカサマ行為への解答は「よく見る事」「細かいルール違反を見逃さない事」「意識を飛ばさない事」しかないです。マナの向きやマナタップだけでも結構重要です。場合によってはプレイを無理に止めることもあるでしょう。でも、大切です。

ルールを守って楽しくデュエマ!!

続きを読む

CSラッシュ終わるし、グレンモルトをこっそり・・・

『火自然ギフトビート』

4 x 一撃奪取 トップギア
4 x 若頭の忠剣ハチ公
2 x 龍覇 ストラス・アイラ
3 x お騒がせチューザ
3 x 早撃人形マグナム
1 x カモン・ピッピー
4 x 龍覇 グレンモルト
2 x 超次元ガイアール・ホール

3 x 天真妖精オチャッピィ
4 x カスミダケ
3 x 結界するブロークン・ホーン
1 x 次元流の豪力
2 x 鳴動するギガ・ホーン
4 x フェアリー・ギフト


2 x サコン・ピッピー/星龍王ガイアール・リュウセイドラゴン
1 x ガイアール・カイザー/激竜王ガイアール・オウドラゴン
1 x 勝利のリュウセイ・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 神光の龍槍 ウルオヴェリア/神光の精霊龍 ウルティマリア
1 x 熱血剣 グリージーホーン/熱血龍 リトルビッグホーン
1 x 将龍剣 ガイアール/猛烈将龍 ガイバーン
1 x 銀河大剣 ガイハート/熱血星龍 ガイギンガ



今年の夏はCSに出ずにめっきり隠居してました。バロンです。
その間何もしてなかったかと言うと、色々とビートダウン系のデッキを組んでDM楽しんでました。
で、CSラッシュも終わりそうなので、個人的ホットなグレンモルトでデッキを組んでみました。
内容は上に挙げた通りです。
単純に、一撃奪取→ギフトモルト龍解という最速ガイギンガを中心としたギフトビートです。
では、細かい内容に入っていきます。


続きを読む

プロフィール

バロン・Lv8

Author:バロン・Lv8
Twitter始めました
@kouT_nmbrn
オタクなのか怪しいけど、分類するなら「声優オタク」であり「ゲームオタク」
気に入ったゲームはやりこみます。縛りプレイばかりですが。
●モンハン
ソロハンター。G級防具コンプ厨
●ポケモン
気が付いたらプログラミングしたり、2次関数を平方完成したり、11元1次方程式とか解いてた。
●TCG
DMメイン。この前自作カードゲーム作ったよ。結構遊べます。

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。