スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぱるくCS使用デッキ

『水自然Λビート』

1 x 光牙忍ハヤブサマル

4 x 終末の時計 ザ・クロック
3 x アクア・サーファー
4 x 超電磁コスモ・セブΛ
4 x ドンドン吸い込むナウ

2 x シビレアシダケ
3 x 幻緑の双月
3 x 大冒犬ヤッタルワン
2 x 天真妖精オチャッピィ
2 x 躍動するジオ・ホーン
1 x 呪紋のカルマ インカ
4 x 龍覇 ケロスケ
2 x 高飛車姫プリン
3 x 父なる大地

2 x 超次元の手ブルー・グリーンホール


1 x 神光の龍槍 ウルオヴェリア/神光の精霊龍 ウルティマリア
2 x 龍棍棒 トゲトプス/多角類衝撃目 ブッツブ・トプス
1 x 時空の花カイマン/華獣の覚醒者アリゲーター
1 x 勝利のプリンプリン/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x ブーストグレンオー/激竜王ガイアール・オウドラゴン
1 x サンダー・ティーガー/雷獣ヴォルグ・ティーガー
1 x アルプスの使徒メリーアン/豪遊!セイント・シャン・メリー


グレンモルトや速攻等のビート系デッキを超意識した構築です。
そのため、ドロマー及びキューブは全く考慮に入れていません。

特徴というか、意識したのは、光文明を入れないでも、十分な防御力を出すことですかね。
そのため、トリガー枚数を結構増やしたつもりです。
また、文明を2色に絞ったのは、色事故を防ぐのが一番の目的です。

今回のオシャレポイントは「龍覇 ケロスケ」です。
2→4→5とつながり、ラムダに進化出来る点、アタック後に頭数を増やせる点、重要クリーチャー(特にΛ)への殴り返しの防御にケロスケが最適だと感じ投入しました。コモンのくせに箱に1枚しか入ってなくて超焦りましたが…

実は1回戦目で当たった方に指摘されたのですが、Dウェポンを装備したクリーチャーに進化クリーチャーをのせたら、装備カードの効果は受けないんじゃないかと言われました。その場は受けるで通してしまいました(クロスギアが引き継ぎと言うこともあったので)が、試合後ジャッジの方に聞いたところ、「ただの進化元として扱い、装備カードではなくなる」と言われました。
ただ、私自身がこの裁定に納得がいかなかったので、すぐに事務局に確認したところ、「進化しても装備は引き継がれ、条件を満たせば龍解できる」と言われました。その内容をヘッドの方に伝え、ヘッドの方にも事務局に確認していただきました。
とまぁ、当日はだいぶ運営の方々に迷惑をおかけしました…申し訳ありませんでした。


で、結果はというと、三連勝(ドロマー、ステロビート?、グレンモルト入り墓地)の後、三連敗(グレンモルト入りシューゲイザー、キューブ、キューブ)で、予選落ちでした。
5回戦の時に色々あって、さすがに納得できませんでしたが、思ったのは、有名な人ってのは、試合会場で他人に迷惑がかかるようなこと、他人の気に障ること(奇声を発する、初対面の相手になれなれしく話しかける、など)をしても許されるし、挙句、運営側の人間も「この試合は叫んでもいい」とか言えるんだってことですね…流石に引きました。(勝ち数でマッチングしてるし、ドロップも多かったんだから、階段マッチングになるなんてあり得る事じゃん…とかね)

ぱるくCSの運営の方々も大変だったかとは思いますし、参加者として貴重な体験をさせていただいたと感じております。
ただ、マッチング方法の雑さ、試合方式の変更、人為ミスによる再マッチング、無駄に長い待ち時間・開始時間は残念でした。(店舗の方が主催だと思ってましたが違ったのでしょうか…?DRの運営には携わっていないのでしょうかね…?)
正直、今回のCS参加で、デュエルマスターズというゲームへのモチベーションも低下しましたし、続けたとしてもCSそのものへの参加もしたくないなと思ってしまった程でした。少なくとも、またぱるくCSがあっても参加しないかと…


なんというかいっそのこと自分がそういったイベントを開催すれば問題が解決するのではなかろうかと思いました。
一応構想自体はあるのですが、この内容で人が集まるのかという不安しかありません…いつかやってみたいなぁ…なんて





デッキの内容にはあまり触れていませんでしたが、採用理由は採用枚数の理由等、気になる点があればコメント欄にて対応いたしますので、なにかあればよろしくお願いします。

満を持して、「バロン流墓地ソース」

もはや何か月ぶりかという更新です。
もう私の事を知っている人はいないでしょう。というわけで初めましてバロンです。
引っ越しやら何やらで忙しかったってのは言い訳になりますが、一応細々とDMはやってます。

この前久々のDR用に墓地ソースを組みました。
自分の中ではっきりと意識を持って「墓地ソース」を組んでプレイしてみたのは初めてでしたが、なかなか面白いデッキだなと思いました。


DMのデッキって、まぁ色々あるわけですが、

・相手の準備ができる前に倒す
・自分の準備ができるまで耐える

のどちらかってのはどのTCGでも同じだと思いますが、DMはそこの駆け引きが面白いですね。
で墓地ソースの面白い所は、準備が突然整うところだと思います。

あるタイミングで、手札・マナ・BZ・墓地の状況がピタッと整い、相手の隙をついて一気に攻め抜く。

そんなデッキが墓地ソースで、魅力だと思います。
カラーとしては水闇火の3c構成で、ドローと墓地肥やしを同時に行いながら戦うって感じですね。
私がこの前組んだのは「メーテルスクランブル型」と呼ばれる、「メーテル」と「スクランブルタイフーン」とのコンボで一気に準備を整えるデッキで、他には「ヒラメキドルル型」やいわゆる「テンプレ」と呼ばれるどのカードもバランスよく配置されながらも、自分の準備を整えつつ、相手を妨害していく型など様々です。


そこで、私が今回紹介する墓地ソースはこちらです


『水火自然t闇 墓地モンキー』

1 x アクア・メルゲ
1 x エメラル
4 x アクア・エボリューター
4 x 終末の時計 ザ・クロック
1 x アクア・スーパーエメラル
3 x 超閃機 ジャバジャック
4 x 海底鬼面城

1 x 盗掘人形モールス

3 x 百万超邪 クロスファイア
2 x 暴走龍 5000GT

1 x ダンディ・ナスオ
2 x ジオ・ナスオ
4 x 霞み妖精ジャスミン
3 x 蛇手の親分ゴエモンキー!
2 x 陰陽の舞
1 x カラフル・ダンス

3 x 天災超邪 クロスファイア2nd




「墓地を整える」という点に絞って構築してみました。
私がインフェルノサファイアを使っていた時代からずっと、「墓地を整えるのは緑と野菜」という考えがありまして…
初手に無かったら必要ないカード、むしろ墓地に置きたいカード、マナに置きたいカードの選別にナスを使います。
また、緑の墓地肥やしカードの最高傑作とも言える「カラフル・ダンス」を搭載できることも強力なメリットです。

ジャスミンは、見方によっては「GTのコストを2下げるカード」とも読み取れます。また、1マナで墓地を1枚増やすカードとしても非常に役に立ちます。

そしてデッキ名にも名前を忍ばせてある。「ゴエモンキー」ですが、グラビティ・ゼロは召喚する際のコストがゼロになるということで、ゴエモンキーによってマナからノーコストで召喚できます。
さんざんマナと手札を使って墓地肥やしをした後に、マナから飛んでくるクロスファイアは脅威になるでしょう。

まぁ何が言いたいかっていうと、本来の墓地ソースでは墓地を整えながら手札を整えなければなりませんでしたが、ゴエモンキーを使用することで、キーカードである火文明のカードを手札に持っておかなくてもよいということです。
序盤からマナにおいておいてもいいですし、マナ加速系カードでマナに行ってしまっても問題なくまなから召喚できます。


総括すると、このデッキは従来の墓地ソースの攻め方である、「大型SAを2、3体投げつけて勝つ」のではなく、「大型SAを出しつつ、小型を大量に投げつけて勝つ」という攻め方になります。
抗することで、単純にブロッカーに強くなりますし、何より、「デスゲクロック」という強力な防御対策になります。






ちなみに、ガネージャの代わりに「ジャバジャック」を入れています。
これは、単純にドローソースがなくなり、2ndを召喚しにくくなったのと、単色なのでマナマネジメントが楽になるのとで採用しています。打点と召喚できるスピードが同じなら、一度にできる仕事が多いカードを採用した方がいいという考えです。ピン積みカードを早く手札に入れたいのもありますが…




というわけで、私なりの考えで作った墓地ソースです。
実際のプレイングは従来の墓地ソースと大きく違い、Λ系統のデッキに近いようにおもいます。
私自身がΛが好きなのもあって、多分いつの間にか近づいたんだと思います。
少し変わった墓地ソースを楽しみたいという型にお勧めです。





ただ、仮構築からほとんどいじってませんので、まだまだ弱いかと思いますが、少しずつ練っていく予定です。(ここには載せないと思いますが…)
考えているのは、シシマイやインカの投入ですかね。やっぱSTとか怖いですしね。何とか強くしたいですね。

元祖エクストラターン

『ババン・バーレスク』

2 x 光器ノーブル・アデル
2 x 光牙王機ゼロカゲ

4 x ドンドン吸い込むナウ
2 x ノーブル・エンフォーサー

2 x ストームジャベリン・ワイバーン
3 x 暴走龍 5000GT
2 x 聖剣炎獣バーレスク

2 x 蛇手の親分ゴエモンキー!
2 x 恵みの大地ババン・バン・バン
4 x フェアリー・ライフ
4 x ガチンコ・ルーレット
1 x セブンス・タワー
2 x メガ・イノセントソード

1 x 龍仙ロマネスク
1 x ボルバルザーク・エクス
3 x 無敵剣 カツキングMAX
3 x フェアリー・シャワー




なんか最近このブログが、デッキ紹介ブログになってるなぁ…仕事の事とか記事にできないしね…
しかもそのデッキも、似たようなデッキの焼き増しみたいな内容だし…もう少しひねった記事を書きたいものですね…


ってなわけで今回は「聖剣炎獣バーレスク」をフィニッシャーにしたデッキです。
まぁ別に珍しい構築でもないので細かい説明は省きますが、基本的な動きは

エクス→エクスにイノセントソードクロス→バーレスク

で戦う感じです。
その潤滑油として、ババンとかカツMAXが入っています。
以前紹介したビッグマナドロンゴーの基盤をそのままにして、バーレスク用にパーツに変えただけです。
そのため、ブースト→GTで押し切ることも十分可能です。

今回のオシャレポイントは「光器ノーブル・アデル」です。
STでノーブルを立てられ、且つクリーチャーであるため、序盤に余ったマナでおかれるイノセントソードをクロスすることで、ダルマンディを張られても盾を守れます。
自身も殴れることを考えると、エンフォーサーよりも現在の環境では重要なポジションにあるように感じました。
また、イノセントソードをクロスしておくことで、バーレスクの進化元になる点も好評価ですね。守りに使うカードがそのまま攻めの起点になるってのは素晴らしいと思います。


バーレスクは相手のシノビに対しては非常に弱いため、十分な警戒が必要です。
そこで、ギリギリまで候補に残っていたのが「ソニックマル」です。
ゴエモンキーやカツキングMAXが場にある状況で、バーレスクがブロックされた時に、マナゾーンにあるソニックマルをニンジャストライクすることで、バーレスクをアンタップし、再度アタックすることができます。

正直ここまで記事書いていて

「いや、覇でいいやん…」

なんて気もしてきましたが、覇のコストが10と高く、序盤の基礎カードを積むとどうしてもガチンコジャッジで勝ちにくくなる印象があります。
キューブの様に、高コストカードで構築するのであれば別ですが、「トップライフでGJ負け」なんてザラなので、そういった要素を含まないバーレスクを使用したいです。
必要なカード枚数が多くなってしまいますが、勝ち筋をある程度絞るのもDMの楽しみ方なので、構築や戦力のセンスで勝ちたい人におすすめしたいカードです。

ラムダ新作

『白青緑Λ2014』

3 x 霊騎コルテオ
2 x 守護聖天タテブエ・ヤッホー
3 x 湧水の光陣

4 x 終末の時計 ザ・クロック
4 x 超電磁コスモ・セブΛ

2 x シビレアシダケ
2 x 大冒犬ヤッタルワン
4 x 幻緑の双月
2 x 天真妖精オチャッピィ
3 x 進化の化身
1 x 次元流の豪力
1 x 大神秘イダ
2 x 時空の庭園
1 x クレスト・EVOチャージャー
1 x 超次元フェアリー・ホール

2 x 超次元ブルーホワイト・ホール
3 x 超次元ホワイトグリーン・ホール


2 x 勝利のプリンプリン/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
2 x 時空の喧嘩屋キル/巨人の覚醒者セツダン
1 x 勝利のリュウセイ・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 勝利のガイアール・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン





自分が約2年前に初めて出場したCSに合わせて作った「トリーヴァΛ」
その新作を今回は紹介します。

今回もコンセプトは一緒で、極限まで防御しつつラムダで攻めることです。
E2・E3を経て、変わったことは「終末の時計 ザ・クロック」です。

このカードを搭載することにより、守りをより強固なものにすることができます。
しかし、サーファーの枠をただクロックに変えただけでは何も変わりません。
そこで今回のオシャレポイントは「タテブエ・ヤッホー」です。


あらゆるクリーチャーから超無限進化でき、ブロッカー、Wブレイカー、というスペックを持っています。
このカードの最大の能力はメテオバーンにあります。
下に重なっているカードを盾に送る事で、自身をエンド時にアンタップさせます。
つまり、STクリーチャーであるクロックから進化させることで、クロックを再利用しつつ、殴り返しを防ぎ、ブロッカーの仕事もできるという働き者ってことです。
ラムダとタテブエを主軸にビートをしつつ、クロックを使いまわしてビートを制圧していく形になります。

ラムダとタテブエのメテオバーンを成功させるために、時空の庭園とクレストEVOチャージャーを投入してあります。ブースト・サーチも兼ねられるので、スペースの圧迫感はないですね。
ラムダの能力で、ターン初めにクロックを下に重ね、その上にタテブエを進化させてもクロックを手札から能動的に盾に仕込めます。




もう一つのオシャレポイントは「湧水の光陣」です。
条件が合えばラムダ、タテブエを墓地から蘇生できるだけでなく、場に何もない状況でも墓地からクロックを吊り上げることもできます。
デッキの中のカードと相性が非常にいいので採用しました。防御にも攻撃にも使えるカードですね。




とまぁこんな感じでクロックを過労死させるような内容ですが、相変わらず単純なビートデッキにはかなり勝ちに行ける構築になってます。
メインデッキのカードもラムダくらいしか光物がないので、比較的安く組むことができるためとても気に入っています。
自分でもまさかこんな形になるとは思っていませんでしたが、枚数も結構絞れたのでよかったです。
ラムダ好きの方は是非チェックしてみてください。




以下、構築していた際に迷い込んだ迷宮…






続きを読む

コントロールしながらビートするとはどういうことか教えてやろう

『イデアの揚棄』

4 x 終末の時計 ザ・クロック
4 x 超電磁コスモ・セブΛ
3 x ドンドン吸い込むナウ

3 x 斬斬人形コダマンマ
4 x 若頭の忠剣ハチ公
1 x カモン・ピッピー

3 x 幻緑の双月
3 x シビレアシダケ
2 x 大冒犬ヤッタルワン
4 x 進化の化身
4 x 式神ヒズラシィ
1 x 次元流の豪力
2 x 鳴動するギガ・ホーン
2 x 大神秘イダ


2 x 勝利のプリンプリン/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 勝利のリュウセイ・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x ハイドラ・ギルザウルス/死海竜ガロウズ・デビルドラゴン



新年最初のデッキは古いカードから「式神ヒズラシィ」を使ったビートダウンデッキです。
コンセプトとしては、ヒズラシシィで出てくるクリーチャーをcipにし、かつそのクリーチャーがサーチ能力を持っていればハンドアドバンテージを失わずにボードアドバンテージを稼げるのではないかというところからスタートしています。
結果として、「ハチ公」「進化の化身」「ギガ・ホーン」を含む文明、またそれらと相性のいい「Λ」を採用することでデッキ内容として完結しました。

2→4ヒズラシィとスタートして、ワンパントリガーを食らっても、

2→マンマ
3→ハチ公
4進化の化身

でハンドを確保できます。
また、序盤に打たれやすいこれらのコスト域にクリーチャーを集中させることでヒズラシィ活かしやすくなっています。
一番気に入っているポイントは「クロック」です。
相手が3コス呪文を使おうものなら、有無を言わさずクロックでターンスキップしつつ展開できます。

一般的に使用されるトリガー呪文のコスト域のカードで、逆にアドバンテージを稼ぐことができるので非常に有利に立ち回れます。


もっとヒズラシィを活かしたいのであれば火文明をごっそり抜いてギフトビートに寄せてみるのもいいかもしれませんね。他には6コスト7コストの方面へ展開滴るクリーチャーを伸ばしてもいいですが、小回りはきかなくなります。

基本的にΛ系統のデッキと似たような動きで十分ですが、「ヒズラシィ→クロック」のようなテクニカルな動きができるため、手札にクロックが来てしまっても十分利用価値があるのが強みですね。3コスト呪文と言えば

・ガチンコルーレット
・エナジーライト
・セブンスタワー

あたりなんでしょうか?
次につなげたくないようなカードに対してクロックを投げつけられたときは気持ちよさそうです。
「吸い込む」「シャワー」に対しては「進化の化身」「ヒズラシィ」でさらに安定できそうです。
5コスト域は次元呪文が主だと思いますが、5コスト踏み倒しは十分強いです。


まぁ、実際に運用してみないとわからないですが、普通のビートデッキに飽きてきた人にはお勧めですね。
プロフィール

バロン・Lv8

Author:バロン・Lv8
Twitter始めました
@kouT_nmbrn
オタクなのか怪しいけど、分類するなら「声優オタク」であり「ゲームオタク」
気に入ったゲームはやりこみます。縛りプレイばかりですが。
●モンハン
ソロハンター。G級防具コンプ厨
●ポケモン
気が付いたらプログラミングしたり、2次関数を平方完成したり、11元1次方程式とか解いてた。
●TCG
DMメイン。この前自作カードゲーム作ったよ。結構遊べます。

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。