スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の子供の「理科離れ」について

まぁいつも「デッキ集」ばかり更新しているので、たまには真面目なこと書きます。
ってか俺ってば来年から教員なんだぜ…信じられないことに



では本題

結構前から子供の「理科離れ」ってのが問題になってます。

なんでかなーと自分なりに考えてみた結果、日本の学習系統に問題があったのかなと
いや、正確に言うと「受験システム」が「理科離れ」を促進シテいるように感じます。
(あ、いつも通り考えながら書くのでめちゃくちゃになるかもです)



小学校の時、理科は「自然とたわむれるもの」だったように感じます。
日常にある現象や、自然の営みに触れ、それを楽しむのが小学生にとっての「理科」でした。
まぁ1・2年生の頃には「生活科」という教科だっただけはありますね。


中学生になると一転、理科は「テキストデータ」になります。
実体験を伴わない学習が続き、生徒によっては教科書に書いてある現象を脳内でイメージできずに「理科嫌い」になります。
小学校でやった内容をさらに詳しく、ミクロな世界を見ているのが「中学理科」といえるのではないでしょうか。


高校生になると「テキストデータ化」はさらに加速します。
中学校ではイラストから辛うじて理解できたものも、今度は「数字と記号」で攻めてきます。
さらに高校では「物理」「化学」「生物」「地学」と、4つに分かれてしまい、より詳しく学習します。
ちなみにこの前から始まった「新学習指導要領」では高校生は基本的に上記4科目から3つが必修となっています。(自分は「理科総合」1つと上記4つから2つでした)
正直、高校1年のときに理科総合Aの物理範囲で、公式と記号によって赤点スレスレを出しまくってました。


で、結局何が問題かと言うと、やっぱり「テキスト重視」になっているところですね。ずっと言ってますが。
「受験」というシステムがある以上、テキストを追って暗記することが中心になってしまうことはしょうがないですが、生徒にとって「生活と関係ない事」と認識してしまった瞬間に学習効率が落ち、理科がドンドン嫌いになっていきます。


じゃあどうすればいいの?ってことですが、教える側の人間の努力になってしまいますね…
「生活と関係のあること」と認識させる為に、生活の中の理科を紹介したり、それだけでなく身近なものを使った実験でもいいですね。とにかく「テキストだけを追わないこと」につくのではないでしょうか。

いやまぁ確かにそうもいかない範囲もあります。ヒトの内臓見せたりなんてできないですしねw
結局教員の力量次第感はありますね…実際自分が何かできるかってのも怪しいですが…orz




もう一つ問題を挙げるのなら研究者への国からの補助が少ないことですかね
どれだけ才能を持っていても、国は研究へ研究費を出すのを渋るみたいです。
アメリカなどの他国ではもっともっと研究者に対して資金を供給しています。
だから日本の研究者も海外に行くんですねー…お金もらえるから。

で、研究者が海外で成果上げたら「研究者が海外に行ってしまう程日本は遅れている」とか言い始めるんですよ。
「研究者」という職業に「夢」がないんですよ。「希望」がないんですよ。
そりゃ子供の夢の上位に「サラリーマン」とか「公務員」がランクインしますよw





というわけで、国をあげて「理科離れ」を促進しているという考えに落ち着いてしまいましたが、マジで何とかしないと理科がどんどん嫌われてしまう…
難しいですね…



結局考えはまとまらず、中途半端になりましたね
ま、いつものことですな。
また近いうちにもう少し考えを煮詰めたいと思います。

順番を守る

久々に「頭の中」ですわー



今日は朝から学校に行ったんですよ。まぁ大学生なんだから当たり前ですけどw



で、最寄駅で地下鉄降りて、エスカレーターの順番待ちをしてたんですよ
そしたら前の方で順番守らずにヒョイヒョイ横入りしてる人たちがいました。
別にこの駅のこの時間では特に珍しいことでもなく、そもそもの原因はホームの構造と階段・エスカレーターの場所にあるんですが…


で、その時思ったことをちょろちょろ書きます



自分が横入りされた時は

「いやいや、順番くらい守りなさいよ。大学生でしょ」

なんて思いましたが考えてみると、自分が順番を守っているのは
「大多数がそうしているから」
「そういうマナーだから」
って理由からなんじゃないかなぁということが頭をよぎりました。

自分がこれまで生きてきて、順番を守らない人の方が得をしているような気がします。

水泳の大会ではレース前にウォーミングアップとしてコース内をぐるぐる泳げるんですが、当然ですが人が多いので並んで順番待ちをします。

~~~~~~~~~~~~~~(コースロープ)~~~~~~~~~~~~~~~~~~
○○○○○○○(並んでる人)○○○○○○○     ←○     ←○

○    ○→    ○→    ○→    ○→    ○→    ○→
~~~~~~~~~~~~~~(コースロープ)~~~~~~~~~~~~~~~~~~
↑こんな感じ
要は右側通行ですわ

ですが一部の人が、並んでいる人たちと泳いでいる人たちの間の空間を泳いでいることがありました

~~~~~~~~~~~~~~(コースロープ)~~~~~~~~~~~~~~~~~~
○○○○○○○(並んでる人)○○○○○○○     ←○     ←○
○                ←●
○    ○→    ○→    ○→    ○→    ○→    ○→
~~~~~~~~~~~~~~(コースロープ)~~~~~~~~~~~~~~~~~~
↑●の人ですな
壁に到達する直前で逆向きに泳ぎます

こういうことする人はマナー的には完全にアウトですが、競技をする上でウォーミングアップのために泳ぐことは非常に重要で、その時間も限られています。普通なら並んでいる時間の方が長いくらいです。
しかし、こうして順番を守らない人たちは結果的に、より多くの時間をウォーミングアップに利用でき、自分の力を最大限に発揮しやすくなります。実際、成績の上位者に多かったですね。

トーナメントのシードとか、試験での「第○次試験免除」なんかも言ってしまえば順番を守っていないことになるのではないでしょうか?
今回のエスカレーターの話に戻すと、順番を守らないことによって、順番を守るよりも早く目的地に着くことができます。同じ電車に乗ったにも関わらず、かなりの時間を得られるのではと思います。


一部の人にしか伝わらないと思いますが、FF10の技に「クイックトリック」という技があって、これを連打すると他のキャラや敵の攻撃する順番にある程度割り込めるんですよ。
だからパーティ全員がこの技を連打すると、正規の順番で攻撃してくる敵の攻撃タイミングがないまま勝てたりします。ラスボスなのにこちらが10回以上攻撃して、ようやく1回攻撃とかでした。


つまり何が言いたいかというと、順番を守らないことによって得られるのは「時間」です
他の人が順番を守って待っている時間、守らなかった人は別のことに時間を使えます。

1回のエスカレーター待ちを横入りして得られる時間を1分とすると、週5回学校に行くとして月20分。
年間4時間にもなります。つまり大学4年間で16時間ですね。
まぁ4年という時間の16時間は極短いですので、この例はあまりよくなかったかもですが、もっと探してみれば目にすることは結構あるんじゃないかと思います。
特に先に挙げた水泳の大会においては、ウォーミングアップの中で泳いでる時間が正規だと全体45分くらいのうち10分程度かなぁと思いますが、横入りとかしてる人は40分くらいは泳げるでしょう。これは圧倒的に横入りした方が利益を得ています。待ち時間で筋肉が萎えてしまうこともあるので、実際の利益は時間以上の効果があるでしょう。

入試での「推薦」も言ってみれば横入りじゃないでしょうか。
受かってしまえばそれだけで一般入試の人よりも別のことに時間を使えるわけですし。
自分も高校は推薦で入って、それによって得られたのは1か月という「時間」でした。

「時間を得る」というのは非常に重要なことです。「時は金なり」なんて言葉もあるくらいですし。
↑で「横入り」を推奨するような感じになってますが、「守るべき順番」は守らなくてはいけません。
ただ、「順番を無視できるもの」は可能な限り無視すべきでしょう。いわば近道ですね。

この近道をより多く見つけ、より長く「時間的アドバンテージ」を得た人が真に上りつめることができるのかなと思いました。
すべてのことについてルールやマナーに思考停止前ならえでは、すべての人類共通で最も価値のある「時間」を手に入れることはできないのかなぁという結論に至りました。






まぁ、自分の頭の中を適当に整理するための文章なんで、あまり深くは捉えないでください。
正直自分でも何言ってんのかよくわかりませんw
でも、こういう思考の繰り返すことで、何か人生に役立つこともあるかもねって話ですw

理科教育への思い付き

中学の理科教員を目指しているわけだが、塾でバイトをしていて思ったのは、中学生が非常に理科嫌いということだ



まぁうちの塾は進学を目指した生徒ではなく、普段の授業についていくため、成績をこれ以上落とさないために来る生徒が多いため、そういう風に感じるだけかもしれないが、自分が目指している理科教育とはこういったいわゆる「理科嫌い」の生徒を極小にすることであるわけで…
この問題は一生考えなきゃいけないことだと思うし、この問題こそ、自分が理科教員を目指している一番の理由だとも言える。




「どうしたら理科が嫌いじゃなくなるのか?」

まずは好きになる前に嫌いじゃなくならなければ話が進まない
ほんの少しでも「面白いかも」と思ってもらうことから始めるべきだろう


自分はずっと理科が好きだったため、理科が嫌いという感覚がわからない
どうして身の回りで起きていることに何の疑問も持たずに生活できるのか不思議でならないくらいだ



自分は映画好きの父親がかりてくるSF映画から理科好きになった
父親が理科的な知識を持っていたこともそれを加速させたのだとも思う


では理科嫌いな生徒はなぜ嫌いなのか
とりあえず考えを整理しながら進行していく


①そもそも無駄な知識だと思っている
②文章が複雑だから



大体はこの2つに収束するのではないだろうか
まぁ思い付かなかったってのもあるが…


①はまぁよくある「勉強をしないことを正当化している」という例
自分自身そう思ってた時期もあるが、年齢が上がっていくうちに「もっと勉強すべきだった」と後悔している

実際に学校で目にする様な形で普段の生活のなかにはないが、すべての学問は自分達の日常生活に直結していると思う

それを理解できれば一番だけど、正直そういうことをいっている生徒には難しいだろう



②は本当にそう思う
理科の説明は直接目で見て理解するというよりも、イメージで理解しなければいけない局面が多い
さらに問題文が長いことため、そもそも読む気が失せる。塾で聞いてみると大体この回答が返ってくる




①と②をなんとかしない限り、理科嫌いがどんどん進行していくと考えられる

どう考えても教員の腕次第だが…


教科書に書いてあることだけではなく、それが身近ではどういう利用のされ方をしているかとか、教科書に書いてあることをもっともっと噛み砕いて授業展開する必要があるだろう…

つまり教員の理科力が十二分に必要というわけで、今の自分の知識量では到底無理だと改めてわかる





将来使えそうなものを書いておく


『理科の小話』

まぁ教科書の隅のほうとか、単元の終わり、便覧なんかに載っているようなことなんだけど、そういったものを短く、ほんの少しの時間で読めるようなものをプリントとして作成し、それを生徒に配る

ポイントは「毎授業毎に配る」ということ
その日の範囲の小話を配り、興味を持って貰う・記憶に留めて貰うことが一番のねらい
しかし、初回授業から配ったところで読んでくれるのはほんの数人だろう
だから初回から何回かは自分の口で話す。話終わってから配ることで全員に浸透させる


実際に自分が現場に立ったわけじゃないため、効果はわからないが、自分が教員になったら絶対に試したいことのひとつ




色々難しいな…

「どうして人を殺してはいけないんですか?」

前回の「いじめ」に関する記事にたいしては様々な意見を頂きました。
コメント等下さった方、ありがとうございました。

一応の結論として

・自尊心の確立
・お互いに認め合えるクラス作り

のように、人間的な成長をいじめられる側、いじめる側の両方に要求するものですが、実際これさえ出来ればいじめは無限小になると思います。

大人になってもいじめなんてやってる人はなんなんでしょうね(笑)





さて今回の本題に入ります

昔、「女王の教室」というドラマが放送されていました。
あらすじには触れないですが、東京の小学校を舞台にしたドラマでした。



そのスペシャルの回。過去の話でした。

クラス1の問題児から天海祐希演じる担任に向けられた台詞が、今回のタイトルにある台詞です。



そこで彼女はこう答えました。



「人を殺してはいけないのは人の痛みを知るためだ」


正直自分にはあまりピンときませんでした。
なんだか曖昧な台詞でごまかされている感じ。
中3だったか高1だったかは覚えていませんが、15歳前後の子供に首をかしげられるのもどうかと思いますね。

まぁ「女王の教室」の本編自体は非常に面白くて、色々と考えさせられる部分が多かったですが。




私自信の考えを読む前に、この文章を読んで下さっている「あなた」はどのように考えますか?
できればその考えがまとまってから続きを読んでください。












続きを読む

新カテゴリ

11日、12日の2日間、教職の合宿に来ている

で、色々と思うことがあったので、暇なときにその考えを整理する意味で文章におこしておこうと「頭の中まとめ」を作った




正直どれだけ続くかわからないし、まとまらないかもしれないけど、ほぼ自己満足ですな




ま、なんか意見あったら参考にしたいんでガンガンコメントして欲しいです
ってか、こればかりはガチで意見欲しかったり(笑)



ま、俺と同じように、教員になろうって人がいれば一緒に考えてみてって感じw




開幕グダりそうだわwww



~~~~~~~


今回の考察対象は、教員に限らず、社会においてもポピュラーな「いじめ」について、自分の考えを書いていく。

今後続けるなら、考察対象を明記したら、その考察は「追記」に載せる。
これは、読んでくださる方に命題が提示されてから、俺の考えをを読む前にワンクッション置いて、あなたの意見を思い描いて欲しいからなんで、できればそのように…





で、今回は「いじめ」なわけだけど、単純に


◯「いじめ」を社会から無くすためにはどのようにすればよいか?


ってことにしようかな
ここで言う「社会」ってのは、世の中全体を指してもいいんだけど、イメージしたいのは「数人が所属しているグループ」、まぁ別に規模は色々ってことで




ちなみに俺は「いじめ」ってのは、本人が「いじめられてるわぁ」と認識したら「いじめ」と考えてる。
たしか定義もそんな感じじゃなかったか?
よく覚えてないけどw

続きを読む

プロフィール

バロン・Lv8

Author:バロン・Lv8
Twitter始めました
@kouT_nmbrn
オタクなのか怪しいけど、分類するなら「声優オタク」であり「ゲームオタク」
気に入ったゲームはやりこみます。縛りプレイばかりですが。
●モンハン
ソロハンター。G級防具コンプ厨
●ポケモン
気が付いたらプログラミングしたり、2次関数を平方完成したり、11元1次方程式とか解いてた。
●TCG
DMメイン。この前自作カードゲーム作ったよ。結構遊べます。

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。