スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コントロールしながらビートするとはどういうことか教えてやろう

『イデアの揚棄』

4 x 終末の時計 ザ・クロック
4 x 超電磁コスモ・セブΛ
3 x ドンドン吸い込むナウ

3 x 斬斬人形コダマンマ
4 x 若頭の忠剣ハチ公
1 x カモン・ピッピー

3 x 幻緑の双月
3 x シビレアシダケ
2 x 大冒犬ヤッタルワン
4 x 進化の化身
4 x 式神ヒズラシィ
1 x 次元流の豪力
2 x 鳴動するギガ・ホーン
2 x 大神秘イダ


2 x 勝利のプリンプリン/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 勝利のリュウセイ・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x ハイドラ・ギルザウルス/死海竜ガロウズ・デビルドラゴン



新年最初のデッキは古いカードから「式神ヒズラシィ」を使ったビートダウンデッキです。
コンセプトとしては、ヒズラシシィで出てくるクリーチャーをcipにし、かつそのクリーチャーがサーチ能力を持っていればハンドアドバンテージを失わずにボードアドバンテージを稼げるのではないかというところからスタートしています。
結果として、「ハチ公」「進化の化身」「ギガ・ホーン」を含む文明、またそれらと相性のいい「Λ」を採用することでデッキ内容として完結しました。

2→4ヒズラシィとスタートして、ワンパントリガーを食らっても、

2→マンマ
3→ハチ公
4進化の化身

でハンドを確保できます。
また、序盤に打たれやすいこれらのコスト域にクリーチャーを集中させることでヒズラシィ活かしやすくなっています。
一番気に入っているポイントは「クロック」です。
相手が3コス呪文を使おうものなら、有無を言わさずクロックでターンスキップしつつ展開できます。

一般的に使用されるトリガー呪文のコスト域のカードで、逆にアドバンテージを稼ぐことができるので非常に有利に立ち回れます。


もっとヒズラシィを活かしたいのであれば火文明をごっそり抜いてギフトビートに寄せてみるのもいいかもしれませんね。他には6コスト7コストの方面へ展開滴るクリーチャーを伸ばしてもいいですが、小回りはきかなくなります。

基本的にΛ系統のデッキと似たような動きで十分ですが、「ヒズラシィ→クロック」のようなテクニカルな動きができるため、手札にクロックが来てしまっても十分利用価値があるのが強みですね。3コスト呪文と言えば

・ガチンコルーレット
・エナジーライト
・セブンスタワー

あたりなんでしょうか?
次につなげたくないようなカードに対してクロックを投げつけられたときは気持ちよさそうです。
「吸い込む」「シャワー」に対しては「進化の化身」「ヒズラシィ」でさらに安定できそうです。
5コスト域は次元呪文が主だと思いますが、5コスト踏み倒しは十分強いです。


まぁ、実際に運用してみないとわからないですが、普通のビートデッキに飽きてきた人にはお勧めですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バロン・Lv8

Author:バロン・Lv8
Twitter始めました
@kouT_nmbrn
オタクなのか怪しいけど、分類するなら「声優オタク」であり「ゲームオタク」
気に入ったゲームはやりこみます。縛りプレイばかりですが。
●モンハン
ソロハンター。G級防具コンプ厨
●ポケモン
気が付いたらプログラミングしたり、2次関数を平方完成したり、11元1次方程式とか解いてた。
●TCG
DMメイン。この前自作カードゲーム作ったよ。結構遊べます。

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。