スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DMの遊び方の提案

先ほどわかやまんさんが、「一人でデッキ3つ登録して2勝したら勝ち。3つのデッキ合計で同じカード4枚まで」というルールを提案されました。

そのアイディアから私が思いついたことがあり、やり取りをした内容をもとに今回の記事は書かせていただきます。




その1

「カードを計120枚登録し、そこから自由にデッキを3つ組んで3戦する。ただし、同名カードは登録120枚内で4枚まで」

というルール
ほとんどわかやまんさんのルールのままですが、デッキリストを3つ書くよりは楽かなと思いましたので、こんな感じになりました。

ここからがこだわりポイントなんですが、わざわざ120枚に分けて登録して、「デッキを組んでから来る」のでは、デッキを3つ登録するのと変わりません。
ですので、回収したリストを公開し、その上でデッキを組んでくると、「リストから構築されるデッキを読み、それらに勝てるデッキを自分のリストから3つ作る」というよりDMプレイヤーとしての実力がハッキリする大会ができるのではないでしょうか。
まぁ、「読まれにくいリスト」を作るってのも一つの「腕」だと思います。

ただ、デメリットとしては地雷系のデッキが効果を発揮しにくいかなぁ…ということ、また、大会の開催前にメチャクチャな手間がかかることですかね。
前者はリストの構築力でカバーできそうな気もしますが、後者はリストをまとめる運営側の手間もさることながら、リスト公開はおそらくネット上になるため、参加者もネットに張り付いてリスト研究をしなきゃならないです。超大変。

ここまで大変な思いをお互いがして、賞品がしょぼくなってしまっては…ね…
私単独では無理っすね…



その2

「デッキ40枚と超次元8枚に加え、サイドデッキ20枚を登録し、1戦ごとにサイドチェンジをして3戦する。同名カードはサイド込み4枚まで」

というルール。
これはその1のルールを、遊戯王・MtGのテイストを加えることでよりライトにプレイできるようにしたルール。
カードゲームはやはり相性があるため、苦手なデッキには1本も取れないことがよく起こります。しかし、DMでサイドデッキを採用することで、それを解消することができます。
DMでサイドチェンジを導入するとどうなるかと言うと、昨今の「変形デッキ」に見られるように、「デッキ内容を大きく変更」することができます。
おたがいのサイドチェンジを読みつつ、2戦目3戦目を行うことでより高度な戦略ゲームとなるでしょう。

デメリットはサイドチェンジの時間をマッチ内で2回とることになり、全体的なゲーム時間が長くなることでしょうか。大きな規模ではできないですね。




まぁこんなとこです。
CSが開催されるたびに「何握るか決めてねー」みたいなツイートをよく目にします。
ですが、少しルールを拡張すると、その「悩んでいる部分」をそのまま残しても大会で入れ替えての修正ができます。
正解の構築が決まっていない以上、そういった「許し」の部分を多く残し、状況に応じた構築ができるってのも強いプレイヤーと言えるのではないでしょうか。




賛否両論あると思いますが、こういうのもいいんじゃないの?ってことです。
当然公式ルールのままでも十分に面白いTCGだとは思いますがね。


今回の様に、新しいゲームルールを考えたり、そもそも新しいゲームを作るのは結構好きなので、「こんな感じのルール作って」とか「こんな感じのゲーム作って」って言ってもらえれば、頑張って考えるんで、言ってください。考えてる時は超楽しいのです。
ただまぁあんまりにも無理そうなものなら「それは無理っす」って言いますけどねw


ではでは、今回もこんな駄文にお付き合い下さりありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バロン・Lv8

Author:バロン・Lv8
Twitter始めました
@kouT_nmbrn
オタクなのか怪しいけど、分類するなら「声優オタク」であり「ゲームオタク」
気に入ったゲームはやりこみます。縛りプレイばかりですが。
●モンハン
ソロハンター。G級防具コンプ厨
●ポケモン
気が付いたらプログラミングしたり、2次関数を平方完成したり、11元1次方程式とか解いてた。
●TCG
DMメイン。この前自作カードゲーム作ったよ。結構遊べます。

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。