スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント返信で気を付けていること

最近記事にコメントをくださる方が増えたので、私がコメントに対して今どんな風に考えているか記事にしておきます。

いやぁ…しばらくたってから自分の考えていたことを見直すと、それはそれで自分も成長できるような気がするんですよねw




ってなわけで本題に入ります。
私自信、基本的にコメントを頂けるのはとっても嬉しいです。
例えそれが記事や、私の考えそのものを否定しているものであってもうれしいです。(まぁ多少はむっとなるかもですが…)

私は自他共に認める「考え方が偏った人間です」
というか簡単に言うと「クズ」ですね

ですので、ひとたび「こうだ!」と思うと自分一人ではなかなか考えを変えられないんですよね…
今まで22年生きてきて、人の意見・考えから多くを学びました。(その時に素直に聞いていたかは別としてね)
それで今思うのは、意見の交換が私を成長させてくれたって事です。


ぶっちゃけ「当然」なんですが、こうしてテキストにするってだけでも成長できると思います。
そう、「発信する事」が大事!
人間、思っても言わない場面の方が多いのではないでしょうか?私はブログを初めて7年目なんですが、続けているうちに自分の考えていることを文章にして発信することが上達したように思います。(まだまだ下手だとは思いますが…)


コメントの話に戻りますが、コメントを頂くと自分の考えの「良かった所」「悪かった所」を知ることができます。
文章ってニーズがあるとは思いますし、感じ方は人それぞれです。
その「考え」「感じたこと」をコメントにしていただけると、新しい考え方への一歩になり、お互い成長できるのではないでしょうか。

違う考え方に触れ、自分の考え方を再考察し、それを発信…

と繰り返すことで、議題の質も上がっていきます。
…とまぁいい事ばかりあげましたw




で、私のコメント返信について

基本的にコメントはすべて返すようにします。
ただ、大学の友人がたまにコメントしてくれたりした時は、その友人のキャラ付け上「ガン無視」になってしまったこともありましたが、今思うと申し訳なかったなと…

これまた教育実習で学んだことですが、


人(生徒)が書いた文章に対してその文章以上長さのコメントを返すと、文章を書いた人(生徒)は嬉しいのでもっと書きたくなり、そのための思考が深まる


ってことです。
それを指導して頂いたとき、自分が生徒の立場だと、先生からのコメントをもっと読みたくなって、またたくさん書くだろうなと思いました。
この記事を読んでくださっている方はどう思うかわからないですが、まぁ大体こんな感じの思考でコメント返信してます。


「またコメントをしよう」と思って頂けるようにやっていこうと思います。



今後ともよろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バロン・Lv8

Author:バロン・Lv8
Twitter始めました
@kouT_nmbrn
オタクなのか怪しいけど、分類するなら「声優オタク」であり「ゲームオタク」
気に入ったゲームはやりこみます。縛りプレイばかりですが。
●モンハン
ソロハンター。G級防具コンプ厨
●ポケモン
気が付いたらプログラミングしたり、2次関数を平方完成したり、11元1次方程式とか解いてた。
●TCG
DMメイン。この前自作カードゲーム作ったよ。結構遊べます。

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。