スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デュエルマスターズという格闘技

デュエルマスターズとは1対1対戦型トレーディングカードゲーム(TCG)である。プレイヤーは数千種類のカードの中から40枚の束(山札、デッキ)を用意し、山札の上から5枚を裏向きのまま並べ「シールド」とし、さらに5枚を引いて手札とする。互いのプレイヤーは交互に決められた手順でカードをプレイしていき、「クリーチャー」や「呪文」等のカードで相手のシールドをすべて破壊(ブレイク)していき、先に相手プレイヤーに直接攻撃したプレイヤーが勝ちとなる。

2002年の発売から現在まで、波はあったものの高い人気を誇るTCGであり、私も2003年から現在までプレイしている。
そんなTCGについてゴチャゴチャ書いていこうと思う。




「対戦」には種類は違えど「力」が最も重要なキーワードだと思う。その中でもTCGというジャンルは「知力」を競う対戦であると言える。知力を競う対戦の中には将棋・チェスがあるが、これらは「相手と全く同じ戦力から対戦を始める」ものである。

ではTCGはどうか

相手と全く同じデッキで戦うということはほとんどない。ましてや毎ターンのカードの引きという「運」に左右されてしまい、知力とは全く別の要素が絡んできてしまう。
しかし視点を変えてみると、TCGにおける「対戦」とは何も卓についてから始まるのではない。
流行っているデッキの情報を集めるための情報収集力と、それを踏まえた上でデッキタイプを選ぶ決断力も「力」だと思う。つまり、実際に向き合う何日も前から「対戦」は始まっている。

デッキ構築力に関しては知力ではと思うが、先に言ったように「力」が重要なキーワードであり、それを互いにぶつけ合うという意味で私は「格闘技」という言葉を使用した。




ただTCGの性質上、なかなか越えられない力がある。それが「財力」だ。
特に記憶に新しいのが『勝利宣言 鬼丸「覇」』だろう。
ビクトリーレアという性質上、4枚集めるのに1~2万程度の出費を覚悟しなければならず、ちゃんとデッキを組もうとすると1枚ではどうしても足りないカードである。私はそもそも集めるのを放棄してましたが…

この「覇」の厄介なところは、↑に挙げた「情報収集力」「決断力」「知力」といった、本来TCGとして必要な「力」を否定し、「財力」対決にしてしまうところにある。
例えるなら、プロレスや柔道の試合で、刃物を持って行って認められてしまうようなものだと私は考えている。


勝ってたと思ったら突然負けた


私もそんな対戦を何度も経験した。




ただ、全く対策がないというわけではないはず。で、私が言いたいことはここから。

「覇を使われて負けるなら、自分も覇を使って運勝負の持ち込む」
「同系以外はほとんど食える」

的な発想で、思考停止で「獰猛覇」というデッキタイプを選択するのではないだろうか。
ジャンケンならアイコ以上の成果を出せると言えるデッキ。負ける要素をギリギリ減らしたデッキ選択。


「流行っているから」


分からないでもない。
実際流行っている根拠は「強いから」「結果を出しているから」
しかしそれでいいのだろうが。
DMの楽しみ方は人それぞれだが、大会で結果を出そうとすればするほど他人とは違うことをしなければならないと思う。
まして、「流行っているから」という安直な理由で一番多いであろうデッキタイプを選択することの危険性を理解できていない。

全体として同じタイプのデッキが半数を越える場合、そのデッキタイプにのみ確実に勝てるデッキの勝率は50%を超える。
それだけでなく単純に、その流行っているデッキを使わない人間からすれば環境全体の対策が容易になる。
3つ程度のタイプに環境が絞られると、いわゆる「地雷デッキ」の重要度が高まる。

つまり、先に挙げた3つの力、「知力」「情報収集力」「決断力」が大いに活きてくる。
これこそTCGの醍醐味ではないだろうかと私は思う。
新しいデッキを生み出そうとする思いこそ、ゲームを盛り上げ、発展させていくと信じている。

以下雑記



結局何が言いたいのかわからなくなってしまった…orz

みんな、もう少しクリエイティブさを持とうぜ

ってことが言いたかったです。
いい加減同じデッキタイプばかりってなんだかなって思うよ…



この記事を読んで何を思おうが自由ですし、これ以上何か言うつもりはありません。
結果を出していないクソプレイヤーなので、ここらで退散しますね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

自分はいまだに墓地進化使ってます

Re: No title

コメントありがとうございます。


> 自分はいまだに墓地進化使ってます
最近は「黒緑墓地進化」というデッキタイプも少なくなってきた感ありますし、おそらくケイタローさんの手になじむということなのでしょうかね。
好きなデッキを環境に合わせてチューニングして使うのも素敵なDMの楽しみ方だと思います。

墓地進化をメインで使ったことがないので、またデッキ案が浮かんだら組もうと思います。
プロフィール

バロン・Lv8

Author:バロン・Lv8
Twitter始めました
@kouT_nmbrn
オタクなのか怪しいけど、分類するなら「声優オタク」であり「ゲームオタク」
気に入ったゲームはやりこみます。縛りプレイばかりですが。
●モンハン
ソロハンター。G級防具コンプ厨
●ポケモン
気が付いたらプログラミングしたり、2次関数を平方完成したり、11元1次方程式とか解いてた。
●TCG
DMメイン。この前自作カードゲーム作ったよ。結構遊べます。

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。