スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新たな踏み倒しの境地へ

『サモニオンミラミス』

3 x 「祝」の頂 ウェディング
4 x 「俺」の頂 ライオネル

4 x ポジトロン・サイン

4 x 蒼神龍スペル・サモニオン
4 x ホーガン・ブラスター

2 x インビンシブル・アビス

2 x 超銀河竜GILL(ギル)
4 x 勝利宣言(ビクトリー・ラッシュ) 鬼丸「覇(ヘッド)」

3 x 深緑の魔方陣

2 x 大河聖霊エル・ドラード
4 x ミラクルとミステリーの扉
4 x 超次元ガード・ホール


2 x 時空の支配者ディアボロスZ(ゼータ)/最凶の覚醒者デビル・ディアボロスZ(ゼータ)
1 x 勝利のガイアール・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 時空の凶兵ブラック・ガンヴィート/凶刃の覚醒者ダークネス・ガンヴィート
1 x 時空のガガ・シリウス/時空のセブ・ランサー



「蒼神龍スペル・サモニオン」のアタックトリガーを主軸に、相性のいいカードを模索した結果、結局ミラミスホーガンになった。

アタックトリガーは「踏み倒しの境地」といっても過言ではない、クリーチャー・呪文の踏み倒し
まぁホーガンブラスターをアタックトリガーで備えているといった感じ。

「ガチンコジャッジで勝った方は、そのカードを使っていい」

と読み替えると、その強さがわかるだろう



そして最も注目すべきポイントは、こいつの効果でクリーチャーを場に出すことになったっ場合、「召喚扱い」になるということだ。
本来踏み倒し系カードは「場に出す」とあるだけで「召喚」にはならないが、サモニオンは「召喚」である。
で、考えられる旬なカードといえば、そう、「ゼニス」だ!

今回は除去・シールド焼却としてのウェディングと、ST強化のライオネルを投入した。
どちらも召喚以外で場に出てしまっても強力な効果を備えたカードで、コストも高い。ウェディングに関しては「覇」よりも高いため、基本的に捲れれば出せる。


呪文枠としてはミラミスホーガンにお決まりのパターンと、ガードホール、インビンシブルアビスを採用した。
ガードホールは征圧開始状況でディアボロスZを場に出せば、マナにある高コストカードをデッキに戻すことができるため、サモニオンを含めた踏み倒しのサポートができる。
アビスは「覇」に殴られ始めた時に、STホーガンブラスターからのワンチャンスをつかみに行くカード。また、サモニオンによる制圧にも使える。まぁかなり運次第だが…


相手の「覇」はGILLとアビスで退場させ、ガチンコジャッジはもともとの高コストで勝つ。
結局運ゲー寄りで、プレイングもクソもないデッキとなった



スペル・サモニオンは「召喚」ということから、個人的に次の弾のゼニスに期待しており、しっかり練ってあげればしっかり活躍できると思っている。
是非、みなさんも知っておいて欲しいカードの1枚である。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バロン・Lv8

Author:バロン・Lv8
Twitter始めました
@kouT_nmbrn
オタクなのか怪しいけど、分類するなら「声優オタク」であり「ゲームオタク」
気に入ったゲームはやりこみます。縛りプレイばかりですが。
●モンハン
ソロハンター。G級防具コンプ厨
●ポケモン
気が付いたらプログラミングしたり、2次関数を平方完成したり、11元1次方程式とか解いてた。
●TCG
DMメイン。この前自作カードゲーム作ったよ。結構遊べます。

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。