スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットでの人との付き合いについて(その1)

この2日間、自分のTL上がなんだか騒がしかったので、それについて少し思ったことを書きます

この文章に載せる情報は特にソースを探したりしたわけではないので、何か違ったらすぐに教えてください。すぐに修正します。
ただ、私自身でソースを探したりするほど興味の湧いた内容でもないので、その辺はあしからず…
ちなみに私は当事者ではなく第三者で、やり取りを見ていただけにすぎません



8月13日に八王子で「八王子チャンピオンシップ」というデュエルマスターズの大会(個人主催)がありました。
主催しているのは八王子を拠点としているプレイヤーの方々。当然ですが非営利の大会です(多分)

別に誰が優勝して賞品が何でって話はどうでもよくて、話のキモは「運営に携わっている方が当日寝坊で遅刻をした」ことです。
遅刻をしたことはまぁ「しょうがない」と言えばそれまでですが、遅刻をした後の対応があまずかったかなってのと、それをtwitterで指摘している人とのやり取りに問題があったかなということです


○遅刻をした方は会場で謝ったそうですが、その謝罪が参加者に十分伝わっておらず、本人は運営にも関わらずフリープレイとして会場にいた方と対戦していたそうです。

まず↑について考えます
大会の運営に携わっている人間に何か不手際があった場合、可能な限り参加者全員に「こういう不手際がありました。申し訳ありません」的な場を用意すべきだと思います。
大会中のちょっとした時間、それくらいの時間は十分取れるはずです。別に大会中でなくとも、全日程が
終了してから終わりのあいさつの中に突っ込むのでも、その後の展開が変わっていたでしょう。

運営の誰かがミスをした場合それは連帯責任であり、運営全体で何か行動をしなければいけません
それが何かを「運営する」ということだと考えます。
別にその人だけで大会を回してしたわけではないはずです。ある種のチームとしてフォローしなければいけないことだと思います。
また大会HPを見ても、大会の結果や、この件についての記事がありません
集まった方への誠意と、再発防止への姿勢を見せるという意味でも大会後の記事は書くべきだと思います
じゃないと次回を開催できなくなりますし、参加した方も後味が悪いです。


運営の方に対して思ったのはこれくらいですかね
まぁ本人についてはもう少しありますが



○遅刻した本人の主張とteitterでのやりとりについて

次の議題は大会終了後にあったtwitter上であったやり取りについて
本人に対して「へらへらしてないでちゃんと謝罪をしなさい」みたいなことを言っている方が何名かいました
それは当然ですが、それを受ける本人の態度に問題がありました

・遅刻するくらい別にいいじゃん
・謝ったからいいじゃん
・やめたじゃん
・人数多かったし俺の仕事なかったでしょ


遅刻は別によくないです。誰がどう考えても。
運営側・参加者側どちらにも遅刻は許されません
タイムテーブルがきちんと決まっている以上、他の人に与える影響が非常に大きいです。
その場に居た方にだけでなく、万が一その遅刻によってイベントが延長してしまった場合、借りている会場の管理者に対しても影響を与えます。お金を払って会場を借りているわけですし、そこまで考えねばなりません。

「俺は約束の時間に行ったことはないからな。必ず遅れる」
「遅刻は起きられないからしょうがない」
「遅刻を何とかしてほしいんだったら起きる方法を考えようぜ」

なら寝るな
意識が足りなさすぎるのではないでしょうか。
これについての謝罪も中途半端ですし、大会参加者に向けた謝罪ではありません。その場限りの謝罪です。
「やめたじゃん」についても、この意見を拡大するなら「人殺ししてたけど、今はやめたからいいじゃん?」という話になります。「知らなかった」て済む話ではないです。まぁ運営同士での打ち合わせがなかったのかな?ともおもいますが…

「仕事なかったでしょ」についても打ち合わせ不足感がありますが、自分が運営であるなら「仕事を探す」ことは十分にできたはずです。何なら会場の清掃とかやっても誰にも文句は言われなかったと思います
「混乱や不正を防ぐために動く」のが運営ですので、少し考えれば仕事なんていくらでもあったでしょう。運営が何人いたかはわかりませんが、「1試合に1人付けない」のであれば運営の人数は足りてないです。1卓に1人欲しいくらいでしょう。つまり仕事は転がっていたわけですね。卓が少なくなっても、サブイベント等の他の参加者へのフォローという仕事もありますし、人手が欲しい場面なんていくらでもあります。


本人に対して思ったことはこれくらいにして、今度は参加者の方や私を含めた部外者について
twitter上では今回の八王子CSについての話がグチャグチャになりながら拡散していったように思います。
↑で書いたことも実際にあったかどうか怪しいくらいです。
ただ言えることは、参加者が運営に対して「クソ」だの「ゴミ」だのと言う資格はありません

「金を払っているんだから何を言ってもいい」

という考えは捨てて欲しいです
あなたが払ったお金は「その場所を借りるため、賞品を用意するために充てられるお金」だということを考えねばなりません。運営の方に入るお金ではありません。
多くの方とDMを直接対戦でき、交流できる場を用意してくれた運営に対して本来は感謝すべきです。

「ジャッジの対応がクソだった」

違います。ジャッジに判断を仰がなければいけない知識のなさが悪いのです
私はカードのルールに詳しいわけではありません。参加した尾張CSでも対戦者の方にルールミスを指摘される場面がありました。
お互いが気持ちよくプレイするために、ルールを教えて皆で楽しむのが本来のCSなのではないでしょうか?
確かに、「ドン吸いの残りカードを山に加えてシャッフル」とか言う事態が発生した時にはジャッジを呼ばねばなりませんが…その点ではマニュアルのようなものを用意していなかった運営にも非はありますが…

ただ、参加者側が「クソ」と言うべきではありません。
運営があって大会があるということを念頭に置きましょう。
また、運営側も参加者がいて大会があることを念頭に置き、必要な準備をして当日を迎えねばならないとおもいます。


と、まぁ偉そうなことを言ってますが、私はCSを開催したこともなければ、参加自体も1回のペーペーです
しかし、中・高と文化祭の運営に回っていたこともあるので、思ったことを書きました

イベントというものは人がいて成り立つものです
その中には当然「ルール」や「マナー」があります。
それをお互いに守る事でイベントを成功させることができます。
誰かのせいにするのではなく、自分は何も悪いことはなかったかを考えて、次のCSに臨みましょう



うわぁ…
超偉そうだよ…
何かあれば言ってください

話合ったり、自分の中で考えるきっかけにしたいのでお願いします
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バロン・Lv8

Author:バロン・Lv8
Twitter始めました
@kouT_nmbrn
オタクなのか怪しいけど、分類するなら「声優オタク」であり「ゲームオタク」
気に入ったゲームはやりこみます。縛りプレイばかりですが。
●モンハン
ソロハンター。G級防具コンプ厨
●ポケモン
気が付いたらプログラミングしたり、2次関数を平方完成したり、11元1次方程式とか解いてた。
●TCG
DMメイン。この前自作カードゲーム作ったよ。結構遊べます。

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。