スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尾張CS(予選編)

今日は津島市文化会館にて「第二回尾張チャンピオンシップ」が開催されました。
参加させていただいたので一応結果を記録としてここに残しておきます。




初の大型大会参加ということでかなり緊張してましたが、競泳で色々と場数を踏んでいたこともあり、プレイングはほぼ平常運転できました。ksみたいなプレミ(不用意に盾殴るとか)は仕様です。


では以下内容

使用デッキ:白青緑Λ


予選第1回戦:vs青赤緑Λ
○○‐

まさかの初戦Λ。しかも以前王国来てた方でした
こちらのやりたいことが色々できてた気がする。スペンガリィや勝利リュウセイで相手を止めつつラムダでビートしてたら勝てました。
この時に「ターン開始時にアンタップしてしまったらラムダの下にチャージできない」ということを指摘されました。「ターンのはじめ」→「アンタップステップ」→「ドローステップ」という順序なのかなぁ
なんにせよ勉強になりました。



予選2回戦:vs白青黒ギア超次元(?)
××‐

イエス絡ませてハンデスしつつ、盤面を展開して有利に戦いを進めるという型のドロマー。
トリガーも強かったので割と守りが堅くて突破できずにΛを返されて負けましたね。
前日に回してた時もこの色構成への弱さが露呈していたけど、まさかピンポイントで当たって負けるとは…
いくら幅広く対応できるようにしていたとはいえ、デッキ相性を痛感した1戦でした。



予選3回戦:vs黒緑速攻
○○‐

仮想敵の一つである速攻。というか、こういうビートに対して強気に行くために白が入ってるようなものです。
相手が攻めてきてもDNAやコルテオで止めたり、スペンガリィやリュウセイで後続が立つのを防ぎつつ、隙をみてビート。
結果的に今回の優勝はぽちょむきんさんの黒緑速攻でしたが、このデッキタイプは息切れが激しい印象があります。まぁ軽量で戦えるってのもあるし、進化速攻でポコポコ殴っていけるので3マナでも十分戦えますが、予選での自分の試合を見る限りでは守り主体のデッキに対しては若干後手に回ってしまうなと感じました。
実際、自分の試合では盾0でDNA手打ち→仕込んだトップがDNAとかそんな感じで1ターン猶予作れたりしてましたし、トリガーで十分対応できました。



ってなわけで、2勝1敗の勝ち点6
同じ卓に勝ち点6が自分含めて4人になりましたが、勝率で予選を卓トップで通過しました。
CS初参戦で決勝進出はうれしいですね。

では次の記事では決勝トーナメント編です
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バロン・Lv8

Author:バロン・Lv8
Twitter始めました
@kouT_nmbrn
オタクなのか怪しいけど、分類するなら「声優オタク」であり「ゲームオタク」
気に入ったゲームはやりこみます。縛りプレイばかりですが。
●モンハン
ソロハンター。G級防具コンプ厨
●ポケモン
気が付いたらプログラミングしたり、2次関数を平方完成したり、11元1次方程式とか解いてた。
●TCG
DMメイン。この前自作カードゲーム作ったよ。結構遊べます。

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。