スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「どうして人を殺してはいけないんですか?」

前回の「いじめ」に関する記事にたいしては様々な意見を頂きました。
コメント等下さった方、ありがとうございました。

一応の結論として

・自尊心の確立
・お互いに認め合えるクラス作り

のように、人間的な成長をいじめられる側、いじめる側の両方に要求するものですが、実際これさえ出来ればいじめは無限小になると思います。

大人になってもいじめなんてやってる人はなんなんでしょうね(笑)





さて今回の本題に入ります

昔、「女王の教室」というドラマが放送されていました。
あらすじには触れないですが、東京の小学校を舞台にしたドラマでした。



そのスペシャルの回。過去の話でした。

クラス1の問題児から天海祐希演じる担任に向けられた台詞が、今回のタイトルにある台詞です。



そこで彼女はこう答えました。



「人を殺してはいけないのは人の痛みを知るためだ」


正直自分にはあまりピンときませんでした。
なんだか曖昧な台詞でごまかされている感じ。
中3だったか高1だったかは覚えていませんが、15歳前後の子供に首をかしげられるのもどうかと思いますね。

まぁ「女王の教室」の本編自体は非常に面白くて、色々と考えさせられる部分が多かったですが。




私自信の考えを読む前に、この文章を読んで下さっている「あなた」はどのように考えますか?
できればその考えがまとまってから続きを読んでください。












「どうして人を殺してはいけないんですか?」
に対する私の考えは





「法律で決まっているから」

です。
これだけ読むと「はぁ?」って感じですが、その先があります。



私は「人になにかをするなら、自分もそれと同じことをされてもいい」と考えています。

だから、例えば私が人を殴るときは、その人から殴られてもいいと考えています。


その観点から法律を見たとき、法律を作った人がされたくないことを示したものが法律ということになります。

ほとんどの人が殺されたくないですよね。
だから法律で「殺したら罰を与える」と決めたのだと思いました。



そもそも世の中矛盾してませんか?
自分が中学の理科教員を目指してるので目にすることが多いんですが、


「命は尊いものだから大切にしましょう」

と教育するわりに、害虫(蚊とか)は平気で殺しますよねー



結局、「大切な命」というものは、種の繁栄から考えると「人間」だけなんですな。

だからそのへんにいる虫を殺しても、木を切り倒しても法律で罰せられないんですね。





結局何がいいたいかっていうと、先に「法律で決まっているから」といいましたが、実際のところ



「殺されてもいいと考えている人は、別に人を殺してもいい」

となります。
私は殺されたくないので殺人なんてしません。


で、命題である「どうして人を殺してはいけないんですか?」に対する解答の最終型は



「殺されたくない人が圧倒的多数おり、それが法律化されているから」

になるんですかね。
また同じ話になりますが、殺されてもいいと考えている人は、別に人を殺してもいいんですよ。
ですが、私は人に殺されたくないのでそれを容認しませんし、もし容認したら私自身が「殺されてもいい」と考えていることになります。

その一人一人の気持ちが集まって「人を殺してはいけない」になったんですかね。







結局うまくまとまってないですが、文章をうちながらまとめていこうとしてるので、なんとなく察してください(笑)



この命題は非常にむずかしく、答えが明確にならなさそうなので投稿を控えていましたが、一旦自分の考えを整理して、それを発信して、多くの人に考えてほしかったからです。

今回もガチなコメント待ってます。
ゲームとか声優の話ばかりですが、たまにこういう真面目な話ですみません(笑)


最後まで読んで下さりありがとうございます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バロン・Lv8

Author:バロン・Lv8
Twitter始めました
@kouT_nmbrn
オタクなのか怪しいけど、分類するなら「声優オタク」であり「ゲームオタク」
気に入ったゲームはやりこみます。縛りプレイばかりですが。
●モンハン
ソロハンター。G級防具コンプ厨
●ポケモン
気が付いたらプログラミングしたり、2次関数を平方完成したり、11元1次方程式とか解いてた。
●TCG
DMメイン。この前自作カードゲーム作ったよ。結構遊べます。

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。