スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついに

俺たちは新たなカードゲームを作り出した


9月のはじめに、俺含め教職の授業を選択している4人は、その日から始まるはずだった物理学実験を華麗にサボってめでたく単位を放棄。つか、ゲーセンの向かいのケンタッキーに強盗が入った日だなwww

で、少しゲームの話ししてたんだけど、俺が

「いままでにないようなカードゲームをプレイしたいなぁ…トランプみたいなセットで、2~4くらいで遊べて、戦略性がありつつも個性を出せるようなカードゲーム」



すべてはこの一言から始まった。
クリアすべき課題は

・あらかじめカードセットがある
・運の要素がある
・個性を出せる
・ルールは単純
・参加できる人数が2~4人

は最低でもクリアしたかった。
既存のカードゲームは遊戯王・DMをはじめとする、カードを出しあって相手のライフを削るというのがほとんど。ライフが数値だったりデッキだったり色々だけどな

そのなかで戦略性はどこにあるかというとやはりデッキメイク
これだと結局莫大なカード種類が必要なのでトランプ的な要素がない

そこで目をつけたのが将棋。
つまり、マス目を進みながら戦うカードゲーム。
これなら1枚のカードパワーよりも、複数枚での連携がかなり重要になる
でもそれだけだとなんだかどこかで見たゲームになるので、さらに目をつけたのが「ハンターハンター」内でルールについては深く触れられていない「軍棋(字あってる?)」

このゲームはおそらく将棋がモデルなのだが、注目すべきなのは、「高さ」という概念があり、より立体的な思考が必要であるということ。



で、最近だいたいのルールが決まって、実際にプレイしてみたころ、かなり熱いゲームだった

カードのイラストなどは、メンバーの一人が漫研なのでそのまま任せ、コピー紙印刷⇒適当な既存のカード+スリーブである程度カードっぽくして完成

すべての課題を奇跡的にクリアしたものの新たな問題が浮上


・1プレイが長い(2時間くらい)
・スペースを結構使う

1つ目は、デモプレイ時が完全に紙だけ(小学生がオリカつくりましたみたいな)だったのでプレイしにくさ倍増だったのと、カードテキストが適当すぎたので、実際にはそんなにかからないかもねってことで目をつむった

2つ目は正直どうしようもない
マスを使うゲームなので1m四方くらいは欲しいところ
マスの大きさの検討が必要かな


ってなわけで、既存のトレーディングカードゲームに少し飽きぎみだったのでかなり楽しい
ぶっちゃけ4人が全員ゲーマーなのでルールがすげぇ

2~4人で遊べるけどやっぱり4人対戦が熱いし、その中でも2vs2は、「貿易」が楽しかったり(マルチ対戦でも一応あるけど)

今後が楽しみ
端から見れば「ガキみたい」だけど、本来の「遊ぶ」ってこういうことなんじゃないかな
自分たちでルールを決めた中で楽しむ。大人であればあるほどそのルールが高度になるだけで、ルーツは同じ

遊びに良い意味で本気になれる人はカッコいいと思う
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

改めて考えるとトランプ考えた人って凄いよな
トランプから無限に近いゲームが出来るし
老若男女関係ない
そーゆーゲームが
世代や時代を越えて生き残るんだな

今度教えてよ
プロフィール

バロン・Lv8

Author:バロン・Lv8
Twitter始めました
@kouT_nmbrn
オタクなのか怪しいけど、分類するなら「声優オタク」であり「ゲームオタク」
気に入ったゲームはやりこみます。縛りプレイばかりですが。
●モンハン
ソロハンター。G級防具コンプ厨
●ポケモン
気が付いたらプログラミングしたり、2次関数を平方完成したり、11元1次方程式とか解いてた。
●TCG
DMメイン。この前自作カードゲーム作ったよ。結構遊べます。

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。