スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デッドマンに戦慄するとかしないとか

4か月ぶりの更新です。バロンです。
4か月の間には色々ありましたね…ホント…
何と言うか仕事きつすぎてヤバいしかいえないくらい、個人的に色々ありました。


ってわけで、今回は最新カード「龍覇 ザ=デッドマン」を使ったデッキをご紹介します。
公式の裁定でTwitter上では結構物議をかもしていたカードですが、結局強い方の裁定におちつきましたね。

何がいいって、レアリティが低い!
同時に登場した「グレンモルト王」がVRで出にくい&販売価格が高いということで集めにくいのに対し、こちらはRということで、私もパック剥いているうちにいつの間にか集まったほどです。
あとは「侵攻する神秘 ニガ=アブシューム」を手に入れれば万事解決ですが「=V=」なんですよね…

まぁそこは置いといて、デッドマンの効果は非常に強力。
「ニガ」が出ていれば5コスト払えばどんなカードでも使えてしまう優れものです。
ってわけで、この効果はやっぱりゼニスと相性がいいですね。その中でも「戦慄の頂」はドラゴン回収能力もあり、最高のシナジーを形成します。
で、作ったのがこちら↓

『デッドマン戦慄』

3 x 「戦慄」の頂 ベートーベン
1 x 「修羅」の頂 VAN・ベートーベン

4 x ドンドン吸い込むナウ

1 x 威牙の幻ハンゾウ

2 x モエル 鬼スナイパー
3 x 暴龍事変 ガイグレン
1 x 勝利宣言 鬼丸「覇」
1 x 超銀河竜GILL

1 x 蛇手の親分ゴエモンキー!
4 x 龍覇 ザ=デッドマン
4 x フェアリー・ライフ
4 x ピクシー・ライフ
1 x セブンス・タワー
1 x 再誕の社
3 x 超次元フェアリー・ホール
1 x 爆進イントゥ・ザ・ワイルド

1 x ボルバルザーク・エクス
4 x フェアリー・シャワー


1 x 魂の大番長「四つ牙」/バンカラ大親分 メンチ斬ルゾウ
1 x 始原塊 ジュダイナ/古代王 ザウルピオ
2 x 侵攻する神秘 ニガ=アブシューム/五邪王 ニガ=ヴェルムート
1 x 勝利のガイアール・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン


水火自然にハンゾウをタッチしてあります。
まず、今回のデッキは動きとしては「ビッグマナ」や「刃鬼」に近いと考えました。
で、より環境で根強い人気と実力のある「刃鬼」を構築の参考にしました。(次元残り3枠は考えてない)

真っ先に狙いたい動きが

ライフ→吸い込むorシャワー→フェアホ番長→デッドマン

という最速でデッドマンを召喚するものです。
こうすることで、番長が除去されていなければ、次のターンに10マナにたどり着きますので、高コストドラゴンを2体召喚できます。
また、仮に除去されていても、吸い込むorシャワーorゴエモンキーで強引にフィニッシャーを1体場に送り出せます。
さらに、デッドマンが除去されてしまったとしても、「ニガ」が場に残りますので、ガイグレンのマナ武装が発動して、単騎でフィニッシュまで持って行けます。

「戦慄」の役割は防御とフィニッシャー回収です。
タップしていればガイギンガと相討ちを取れることから、かなり防御面で優れています。ハンゾウとシナジーを形成して、エターナルΩによってハンゾウを毎ターン使用できることも注目ですね。
ドラゴンを回収と言うことで、上手に回転させれば場にフィニッシャーを一気に並べることも可能です。エクスが5マナで召喚できることと、3マナブーストできることを考えると、選択肢も広がります。

では他のカードの採用理由についてです。

・ 「修羅」の頂 VAN・ベートーベン
単純に除去です。
場合によっては「王牙」とチェンジも考えていますが、除去範囲とロック効果が採用理由ですね。

・モエル 鬼スナイパー
モルト意識です。刃鬼が原型なので、フェアホ勝利ガイアールで2体除去できるのはおおきいですね。
他のカードとのシナジーは薄いので、正直手札に来たらマナですかね…
環境によっては「炎獄スクラッパー」と交換してもいいかもしれません。

・暴龍事変 ガイグレン
このデッキが成り立っているのも、このカードのおかげだと思ってます。
コートニーやイメンブーゴでは、ガイグレンのアタックがトリガーによって途切れてしまう可能性が高いです。その点、にがであれば「落城の計」が出たとはいえアタックが途切れにくく、途切れたとしても、その時はガイグレンが相手に選択されているはずなので効果が起動できます。
上にも書いた通り、デッドマンが除去されていても、効果が発動できるのでかなり高評価してます。

・始原塊 ジュダイナ/古代王 ザウルピオ
ウェポン面の効果を主にっ使っていきたいですね。2枚目のデッドマンを場に出した時に呼んできます。
2体目を出す頃には、マナにドラゴンが結構いるはずなので、そういったドラゴンを呼び寄せる役割があります。
裏返っても、相手にフィニッシュされにくくなるのはポイント高いです。



全体的に、それぞれのカードのシナジーを重視して作ってあります。
実際に作ってみると、なんか「新世代デッキ」っぽくてかなり気に入っています。
もうしばらく練っていこうかとも思ってます。アドバイス等あればコメントお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バロン・Lv8

Author:バロン・Lv8
Twitter始めました
@kouT_nmbrn
オタクなのか怪しいけど、分類するなら「声優オタク」であり「ゲームオタク」
気に入ったゲームはやりこみます。縛りプレイばかりですが。
●モンハン
ソロハンター。G級防具コンプ厨
●ポケモン
気が付いたらプログラミングしたり、2次関数を平方完成したり、11元1次方程式とか解いてた。
●TCG
DMメイン。この前自作カードゲーム作ったよ。結構遊べます。

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。