スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイドボード有り構築のススメ(?)

特殊ルールとして、「サイドボード有り」を採用した大会を開催するにあたり、サイドボードを実際に組んで解説しようと思います。


今回は以前投稿した「イメン=ブーゴ」を使用したデッキを例に挙げて紹介します。

『シータイメンブーゴ⇔アナイメンブーゴ』
○メイン40枚(初期モード)
1 x 光牙忍ハヤブサマル

4 x 終末の時計 ザ・クロック
4 x ドンドン吸い込むナウ

1 x 盗掘人形モールス

1 x 爆轟 マッカラン・ファイン
1 x カモン・ピッピー
2 x 不知火グレンマル
2 x 百万超邪 クロスファイア

4 x 霞み妖精ジャスミン
3 x 天真妖精オチャッピィ
1 x 次元流の豪力
4 x 龍覇 イメン=ブーゴ

4 x 爆砕面 ジョニーウォーカー
1 x 無双竜鬼ミツルギブースト
1 x 鎧亜の咆哮キリュー・ジルヴェス
4 x 飛散する斧 プロメテウス

2 x 逆転王女プリン


1 x 時空の踊り子マティーニ/舞姫の覚醒者ユリア・マティーナ
1 x 魂の大番長「四つ牙」/バンカラ大親分 メンチ斬ルゾウ
1 x タイタンの大地ジオ・ザ・マン/貪欲バリバリ・パックンガー
2 x 邪帝斧 ボアロアックス/邪帝遺跡 ボアロパゴス/我臥牙 ヴェロキボアロス
1 x 勝利のプリンプリン/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 激相撲!ツッパリキシ/絶対絶命ガロウズ・ゴクドラゴン
1 x 勝利のリュウセイ・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン

○サイド15枚
2 x 復活の祈祷師ザビ・ミラ
4 x 解体人形ジェニー
2 x 地獄門デス・ゲート

1 x 腐敗無頼トリプルマウス

4 x ヴォルグ・サンダー/雷獣ヴォルグ・ティーガー
2 x 時空の霊魔シュヴァル/霊魔の覚醒者シューヴェルト


おそらく、サイドあり構築で最も構築が楽な「スイッチ型」のサイドボードです。
交換用のカードは
・クロック1
・カモン1
・グレンマル2
・クロスファイア2
・オチャッピィ1
・ミランダ1
・ミツルギブースト1
・ボアロアックス以外の次元6枚
となります。

見ての通り、サイドチェンジをすることで、攻撃型のシータイメンから、サブルートのザビミラを搭載したアナイメンへとスイッチできます。
2マナでブーストした後の選択肢を、吸い込むの他に用意することで、4マナ域で吸い込めなかったときの負担を軽減します。対戦相手のデッキが「テンポをミスすると勝率が下がるデッキ」である場合にこのサイドチェンジが有効となります。
相手にする場合は、ジェニーと言うハンドへの妨害札が増えたことで、テンポを取られないようにプレイする必要があり、戦い方を変更する必要が出て来ます。(まぁ多分そう問題視するレベルではないかと思いますが…)大きな違いとしては、ヴォルグサンダーで、一気にフィニッシュに持って行く強行突破ができるところですかね。

ルール上、超次元ゾーンのカードは公開情報なので、通常構築でもそれをヒントにプレイングを調製するかと思います。サイド有りの場合、サイドにあるサイキック・ドラグハートも公開情報となります。そのため、今回のデッキの様に、あからさまにアナイメンを匂わせたサイドだと、割と早い段階でばれます。DMは相手ターン中にカウンターする手段が非常に少ないので、対策と言ってもかなり限られてきますが…

しかし、超次元ゾーンが公開情報であることは、サイドチェンジの際に心理戦に持ち込むことができます。組んでみるとわかりますが、DMで15枚のサイドを加えると、全く別のデッキに変化させることができます。私が構築したものは変化が小さい方ですが、場合によってはもっと大幅に変化させることもできます。
初期モードでは超次元からカードを呼び出すカードを全く用いず、超次元のカードをブラフに使い、サイドチェンジでそれらを呼び出すカードを加えれば、相手としては全く別のデッキと対戦しているような感覚になります。その逆もしかりですね。
つまり、超次元ゾーンという意思に反して公開してしまう情報は、上手に使っていきましょうってことです。

コントロール系統のデッキであれば、初期モードが最も丸い構築であるとすると、サイドにはかなり尖ったカードを挿入していくことになります。極端にいえば、相手が速攻デッキであれば「チョップルン」を4枚投入したり、シールドトリガーを増量することになります。逆に展開速度の遅いデッキであったり、シールドトリガーが有効でないデッキに対しては、それに代わるカードが必要です。スイッチ型のサイドボードが初心者向きであるとするならば、こういったメタ特化型の構築は上級者向けと言えるでしょう。より構築力とプレイングが求められるのはこちらだとおもいます。


いよいよ今週の土曜日にサイドボード有の大会を開催しますが、みなさんがどのようなデッキを構築して、どのような試合が見れるか、楽しみです。
結果については、twitterを主にして発表いたします。最後まで読んでくださりありがとうございました。
スポンサーサイト

「サイドマッチ」

デッキビルダー選手権で行う「サイドマッチ」のルール内容です。


基本的な構築ルールは公式の殿堂レギュレーションに従います。違う点はサイドボードを用意する事です。

○構築面での注意
・サイドボードは15枚まで。
・サイドボードにはサイキッククリーチャーやドラグハートも入れることができる。
・メインデッキ40枚・サイドボード15枚・超次元8枚の、計63枚の中で、殿堂レギュレーションに従う。
 例1 メインに「フェアリー・ライフ」を4枚入れたら、サイドボードには1枚も入れることができない。
 例2 サイドボードに「勝利宣言 鬼丸『覇』」を1枚入れたら、メインには1枚も入れることができない。
 例3 超次元に「紅蓮の怒 鬼流院 刃」が入っている場合、メインにもサイドボードにも「偽りの名 ゾルゲ」を入れることはできない。

また、運による初手事故を極力抑えたいため、いわゆる「マリガン」を採用します。

○始める前の注意
・お互いにデッキをシャッフルしたら、まずジャンケンで先攻・後攻を決める。
・シールドセットをせずに、先に手札5枚を引く。
・5枚の中から好きな枚数をデッキに戻し、シャッフル(相手にカットしてもらう)した後、戻した枚数デッキからカードを引く。(お互いに1回ずつ)
・手札が決まったら、シールドを5枚セットする。

「サイドボードって何?」って方もいるかとおもいますので、補足説明します。

○サイドボードについて
・サイドボードは非公開情報。ただし、サイドボードにある、超次元ゾーンに加わるカード(サイキック、ドラグハート)は公開情報。
・試合がはじまる前に、お互いにサイドボードの枚数を確認する。以降相手に見える場所に置いておくこと。
・マッチ戦(3本勝負)の、各試合の間(1本目と2本目、2本目と3本目)に、それぞれのプレイヤーはメインデッキのカードとサイドボードのカードを交換できる。
・交換する枚数は任意で相手に伝える必要はないが、交換後にデッキの枚数が40枚ちょうどになっていなければならない。
・交換が完了したあと、サイドボードの枚数や超次元ゾーンの枚数をお互いに確認する。
・マッチ戦が終了する度に、入れ替えたカードはすべて元に戻しておかなくてはならない。


このような具合で対戦していきます。
2月14日の第1回大会では、サイドチェンジ時間含めて、1マッチ30分で考えていますが、進行具合で前後する可能性があります。(特に1戦目は皆さんが慣れていないため、時間を長くする可能性があります)



何か質問等ありましたら、この記事か、デッキビルダー選手権のtwitterへお願いします。

デッキビルダー選手権

というものを開催することになりました。
まだまだ小さな、小さな大会ですが、少しずつ大きくしていけたらな思っています。


どんな大会かと言いますと、DMカード、基本ルールをそのままに、構築ルールをや対戦方式を変更することで、より構築力やプレイングを重視した大会です。
DMをやっててふと

「大きな大会で優勝する人って基本的に強い人が多いけど、どうしても運の影響が大きいなぁ」

とおもいました。
そりゃカードゲームですし、シールドトリガーなんていう逆転要素があるんだから運が関与してくるのは当たり前なんですが、やっぱり本当に構築が上手な人、プレイングが上手な人が大会で輝いてほしいし、そうなれるように努力をする人が増えてほしいです。そのためにも、構築力・プレイングを重視した大会があってもいいんじゃないかと考え、企画しました。



現段階で考えている大会方式は

・メインデッキ40枚・超次元8枚に加え、サイドボード15枚を加えた「サイドマッチ」
・本来は多人数統率者戦であるEDHを1vs1で行う「EDHタイマン」
・280種類のカードを6人でドラフトして対戦する「キューブドラフト」
・決められたカードプール内で自由に構築する「キューブビルド」
・全く同じデッキを使って対戦する「同デッキデュエル」
・デッキに入れられる同名カードを8枚に拡張した「ダブル(仮)」


って感じです。
他にも、細かいルールで、通常のDMにはないものを考えております。



とりあえず、直近の大会は

・日時   2月14日(土) 13時30分~
・場所   本の王国 高蔵寺店 2Fデュエルスペース
・ルール サイドマッチ(30分) スイスドロー
・人数   8人(埋まりました)
・賞品   「怒英雄 ガイムソウ」プロモver

です。今回は参加者を集める為に、賞品をちゃんとしたものに設定しましたが、今後はどうなるかわかりませんのであしからず…

次の記事に「サイドマッチ」の詳細を載せますのでご覧ください。
プロフィール

バロン・Lv8

Author:バロン・Lv8
Twitter始めました
@kouT_nmbrn
オタクなのか怪しいけど、分類するなら「声優オタク」であり「ゲームオタク」
気に入ったゲームはやりこみます。縛りプレイばかりですが。
●モンハン
ソロハンター。G級防具コンプ厨
●ポケモン
気が付いたらプログラミングしたり、2次関数を平方完成したり、11元1次方程式とか解いてた。
●TCG
DMメイン。この前自作カードゲーム作ったよ。結構遊べます。

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。