スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正義は未来を制する

『フューチャージャスティス』

4 x 聖霊左神ジャスティス

4 x アクア・スペルブルー
4 x ドンドン吸い込むナウ
1 x ホーガン・ブラスター

2 x 超次元ボルシャック・ホール
3 x 超次元シューティング・ホール
1 x サウザンド・スピア

3 x フェアリー・ライフ
4 x ガチンコ・ルーレット
2 x ライフプラン・チャージャー
4 x ミステリー・キューブ

4 x 紺碧術者 フューチャー
2 x 悠久を統べる者 フォーエバー・プリンセス
1 x ミラクルとミステリーの扉
1 x 無法のレイジクリスタル


2 x ガイアール・カイザー/激竜王ガイアール・オウドラゴン
2 x 勝利のガイアール・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
2 x 時空の喧嘩屋キル/巨人の覚醒者セツダン
2 x 勝利のプリンプリン/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン


フューチャーのデッキです。
せっかくサンデー4冊買ったのにデッキ組んでなかったので、色々考えました。

当初は5c超次元ダーツをベースに、「気合釣り」と「ロジックサークル」でトップ固定した状態でフューチャーで殴るデッキだったんですが、「SAでWブレイカー、アタック時にたまに呪文打ってくるとか普通に強くね?」ってことで、次元ダーツの要素を完全に抜き、次元ジャスティスを噛ませてみました。

キューブ入りなんですが、普通のキューブデッキと違って、戦略の主軸にキューブを置いていません。
実は「ミステリー・キューブ」について1つ記事を書こうと思ったんですが、多少問題がありまして…夏の終わり、CSラッシュが終わったあたりに記事を上げようかと思います。

少ないカードで盤面を揃えられるので、クリーチャーを出したそばから殴っていけるのが強みです。
キューブで捲れなくても、次のターンには7マナなので、呪文踏み倒しの3種のどれかを召喚できます。

悠久でデッキを回復することも忘れずに、上手く立ち回りたいですね。
フューチャー→シューティングガイアールってなるだけで4枚シールドを削れるのは非常に奇襲性があって好きです。

運ゲーっぽさはありますが、キューブのデメリットをうまく消しつつ構築できたように思います。


次元ダーツ型ももう少し練って形にしたいです。
スポンサーサイト

岡山CS決勝について

またイカサマに関する記事を書くこととなりました。バロンです。
今回は先日、8月10日に開催された岡山チャンピオンシップの決勝卓で起こったことがtwitter上で議論になっていたため、こうして記事にしてみようと思いました。
私のアカウントが鍵アカウントなため、私が色々とけなすような発言をしているだけでは進歩しないと指摘されたことも影響しています。自身の進歩の為にも真面目に書きます。



第4回DM岡山CS 決勝を一度ご覧になってからの方が圧倒的にわかりやすいのでおススメします。
私自身のブログ内では、よく知らない方の個人名はあまり出したくないので、「左の方」「右の方」という表現をさせていただきます。
今回で問題になっているのは、決勝2本目(1本目は画面左の方が選手しています)、お互いにデッキをカット&シャッフルする場面(11分くらいから)です。



まず左の方に注目して見てみます。

左の方はカードをまとめた後、デッキの中身を見てソートし、その後、ヒンズーシャッフルを4周行っています。
ヒンズーシャッフル後、左の方はもう一度デッキの中を見てソートし直し、シャッフルせずに相手にデッキを渡します。
相手のヒンズーシャッフル後、そのままデッキをセットしゲームを開始しています。




まず、多くの方が気になるであろう、中身を見てソートの部分。これに関しては確定ネタではないですが以前聞いたのは、「お互いにシャッフル前にデッキの中身を見て、順番を入れ替える行為はセーフ」ってことです。ちにみに事務局に確認(2013/04/15)されています。この理論を通すなら自分でシャッフル後にもう一度ソートの部分もセーフです。
次にソート後のデッキを自分でシャッフルせずに相手に渡したの部分ですが、タカラトミーの公式ページ内を色々探した結果、「トップ画面から、イベント、店舗の方へ、大会での注意喚起ポスター」とたどったところにある画像では以下のようになっています。

◆大会に参加する前には、デッキが40枚あるか確認しましょう。
◆対戦準備の時には、相手のデッキをよくシャッフルしましょう。
◆相手プレイヤーのプレイでわからないことがあった時や、相手とカードの使い方が違った
 時は、まずプレイを止めて、しっかり手をあげてジャッジを呼んで確認しましょう。


つまり、自分ではシャッフルしなくてもいいんです。
ちなみにwikiの用語集の「シャッフル」の部分には、

シャッフルは不正がないようにしっかりとカードが混ざるようにしなければならない。
対戦を始める前は必ず対戦相手の前で一度デッキのシャッフルを行い、その後相手にも軽くシャッフルしてもらうと間違いがない。というより、それを拒んだ場合は積み込みによるイカサマ行為を疑われてもしょうがないので注意。


とありますが、あくまで「間違いがない」「疑われてもしょうがない」です。
お互いにデッキを交換し、相手がシャッフル&カットした後に、自分がデッキの順番を入れ替えなければ、それでお高いがシャッフルなどのデッキ状況について納得したということになります。外野が試合後に、動画をみて「あれはイカサマだ」「積み込みだ」といっても、ルール上なんら問題がないのです。
というか、右の方もシャッフルをかなり簡単に済ませ(大ぶりな1周)ています。もしこの時に右の方が、ソートについて不満をもっているなら、念入りにシャッフルすべきです。主催の方に突っ込んでいる方は、なぜそこに触れれないのが意味が分かりませんね。


では次に右の方に注目してみてみます。

カードを集めたあと、いわゆる8切りをしています。その後、ヒンズーシャッフルをし続けます。この時のヒンズーシャッフルはデッキを3等分にするようなヒンズーシャッフルですね。「ポンポン」とカードを送ったあと、「トントン」とデッキを揃えていますが、個人的にいうならこれはデッキのボトムが見えるので私自身はやめてほしいですね。まぁこのシャッフル方法は左の方にもいえますが。
で、次からが問題なんですが、11分55秒あたりで右の方はリフルシャッフルをしています。この持ち方だとボトムがみえますね。(多分解体ジェニーですが…)で、12分05秒。右の方はデッキの半分を持ってソートします。その後シャッフルをしますが、先に挙げた3等分にしてポンポンを4.5周。
この後、互いにデッキを交換して、シャッフルとカットなんですが、左の方は3等分にカット後、ヒンズーシャッフル(4等分・3等分)を4周行い、もう一度カットを3、4等分にして右の方に返します。


12分5秒が一番顕著ですが、右の方も明らかにソートをしています。
左の方がアウトなら、右の方もアウトですね。
また、互いに交換してのシャッフルにも大きく差があります。左の方のシャッフルが十分であるとは言い切れませんが、少なくともカードを無作為にする姿勢は見られます。


ここまで書いてきましたが、「積み込み」という観点から言えば、左の方は特にルール違反はなく、右の方はソートに対する意識が多少低かったと言えます。
左の方が事故りにくいソートをしていたとしても、それを処理しなかったのは右の方です。



以上で「積み込み」に関する私の意見は終わりです。

追記からは別の事について書きます。

続きを読む

岡山CSの反省と使用デッキ

岡山CSに出場させていただきました。
運営の方々、参加された方々、本当にお疲れ様でした。

今回は自身初のチーム戦ということで、ヤスくんメルキスさんと私で「ファル・イーガ・カーテン」というチームで参加しました。


結果として、個人○×○×○で3-2、チームでは2-3で残念ながら予選落ちでしたが、非常に貴重な体験をすることができました。
そもそも岡山まで行くというのも相当な試練でしたw普段生活区域からほとんど出ないので、電車がしんどかったですw





では、使ったデッキと共に反省をしていきます。

続きを読む

イカサマとTCG

アクセス解析は色々な事が分かります。
特に面白いなーって思っているのが「検索キーワード一覧」です。
時期によって流行り廃りが何となくわかります。最近だと「ヒラメキスネーク」で私のブログに来て下さる方が多いみたいです。ただ、私のヒラメキスネークはコレなので、おそらく9割以上の方にとって期待ハズレのものでしょう。マジすんません。はい。



で、以前「TCGにおけるイカサマ行為について」って記事を書いたことをきっかけに、キーワード検索にはイカサマ行為に関する検索キーワードがいくつか並ぶようになりました。

まぁ別に、検索して「こういうこともあるんだなー」って知り、対策なりなんなりを考えるならいいんですよ。
でも、こういう記事を書くことには副作用がありまして、逆にイカサマに興味を持ってしまい、結果としてイカサマ行為を助長してしまうんですね…一応記事にも書きはしましたけどね。



1、イカサマの何が問題なのか

いけないか・いけなくないか、という視点で言えば明確にルール違反ですので「いけない」になりますが、個人的な事を言わせてもらえれば、別にやってもらってもかまわないんですよ。
デッキを組む時ってやっぱり「勝つため」ってところは頭のどこかにあると思うんですが、TCGの性質上、「絶対に勝てる」ってデッキは組めません。勝つためにはビートダウンにしろ、コントロールにしろ、ワンショット系コンボにしろ、いわゆる勝ちパターンに持っていかなくてはなりません。例えば、刃鬼だったら「11マナ溜めて、ある程度マナ・墓地・手札にハンターがあり、相手の盾が十分枚数(4~6?)あって、ガチンコジャッジに3回程度勝てる」という状況を作れればいいわけですね。

で、その状況への持って行き方を各々が練っていって、一つの「勝てるデッキ」となるわけですが、その持って行き方の違いの一つがイカサマだと考えています。
イカサマをしないプレイヤーは、マナを伸ばす方法、相手の盾をキープさせる方法、相手の妨害を妨害する方法などを一つ一つ練ります。イカサマをするプレイヤーはこれが「イカサマをする前提」で進行していきます。
具体的には、「相手に分からないようにマナを増やす」「キーカードを不正に増やしたマナから抜く」「STを仕込む」「ピン挿しカードをしかるべきタイミングでデッキから抜く」と言ったところでしょうか。
同じデッキタイプを練っているにも関わらず、そこには「プレイング」「構築力」と言う面で両者の間に大きな差が生まれます。

ゲームを末永く、多くの人と楽しみたかったら、イカサマなんてすべきではないですね。



2、でも正直、イカサマする人っているよね

ですね。じゃあ発想をTCGから別の視点に変えてみましょう。
皆さんお金持ちになりたくないですか?私もその一人ですが、こう考えたことはないですか?

「あー…空から金が降ってこねぇかなぁ…」
「1億くらいだれかくれないかなぁ…」

お金以外にも、勉強面・仕事面でも「近道」をしたいと思うことって多いですよね。イカサマもそうです。勝つための近道なんです。
じゃあ、現実にお金を何の苦労もなく手に入れられたとしたら、金銭面に関して言えば全く困らないと思いますが、人間としては何が残りますが?ひたすら考えに考えて、たどり着いた先に人としての成長があります。勝ったという結果しか求めない人は、必ずどこかで挫折する。そう私は考えています。というか、飽きるのが早くなるんじゃないでしょうか。だって自分でデッキ組めなくなりますし、何よりプレイングが身についてません。
ネットでいつか回ってきたもので「正範語録」というものがあります。その冒頭部分にはこうあります。

実力の差は努力の差
実績の差は責任感の差
人格の差は苦労の差
判断力の差は情報の差


3、まとめ

まぁ、イカサマに関してこれを読んだ方がどうするかはその本人次第ですが、私はイカサマをしてでも公式大会やDR・CSなどの大型大会で勝ちたい人の事を「その程度の人間」としか思いませんし、なるべく交流を持ちたくないです。その程度の人間の仲間と思われるのだけは嫌ですからね。
一応私はTCGの世界でイカサマ行為がなくなって欲しいと思ってますし、プレイマナー的なものも多少は気にかけていきたいので、こういった記事を定期的に書きます。ただまぁ受け手のみなさんがどう思うかは正直わかりませんけどね…

今自分が持っている能力は、TCGをやっていたおかげだと思ってますし、そのおかげで交友関係も広がり、充実した日々を送れているように感じます。TCGをやっていることに一切の後悔はないです。




ここまで読んでくださりありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。

私がずっと使い続けるであろうデッキタイプ

『光水自然天門』

3 x 真実の名 タイガー・レジェンド
2 x 勝利の女神ジャンヌ・ダルク
1 x 覚醒の精霊ダイヤモンド・エイヴン
1 x 光翼の精霊サイフォス
1 x O.S.D. ジェットストーン
1 x 天空の精霊インパクトリガー
2 x 閃光の神官 ヴェルベット
4 x ヘブンズ・ゲート

2 x エナジー・ライト
1 x ディープ・オペレーション
2 x ブレイン・チャージャー
1 x ホーガン・ブラスター

3 x 青銅の鎧
2 x 駿足の政
1 x 大勇者「鎖風車」
4 x フェアリー・ライフ

4 x 知識の精霊ロードリエス
1 x 変幻の精霊ナイツ・オブ・コバルト
2 x 調和と繁栄の罠
2 x 反撃のサイレント・スパーク



今更天門です。
今日のお昼に適当に組んで、DR出場して、一回戦でヴィルリボルバーに圧殺され、色々考えた結果ボツにすることになったデッキです。


天門のデッキは、私がDMを高校の終わりくらいだったかに再開して買った「パーフェクト・エンジェル」「バイオレンス・エンジェル」をベースにしたデッキから始まり、


ドロマー天門(ネログリフィス型)→ネクラ(ネログリフィス型)→ネクラ(ファッティ型)→トリーヴァ→ラッカ→リース→トリーヴァ(ミラミスホーガン融合「ヘブンズ・ドアー」)→トリーヴァ(現行)


と、結構組んでます。
でも結局、環境の速度についていけず、とてもガチデッキと渡り合えるようなデッキとは遠ざかってしまいました…
でもまぁ天門のイラスト好きなんで、結局使い続けるんですけどね。



適度に無駄な話をしつつも内容です。
まぁ見て分かるように、天門からブロッカー出そうぜってデッキですが、最近のカードで大きく強化されました。
「閃光の神官 ヴェルベット」と「真実の名 タイガー・レジェンド」ですね。本当は「真実の名 バウライオン」とかも使いたいんですけど、持ってないんで…orz

前者はコントロール色を強め、後者はワンショットができるようになっています。
時代が変わっても結局は「手札増やす→天門」の流れは変わらないので、そのあたりはいつも通りです。


わざわざ自然を入れたのは、「調和と繁栄の罠」をどーしても使いたかったからなんです。
まぁ昔から「強い」ってことは主張してきたつもりなんですが、最近は特に「覇」や「バキ」によって火文明のクリーチャーが大量に飛んで来たり、2色の高速ビートが流行っているため、1文明を縛るだけでも結構時間を稼げたりします。
何とか天門を打つターンを確保するために色々したいなぁと思い、こういう構築なんですが、結局自然が入るとなんだかそれはそれで邪魔なんですよね…
どうせなら思い切って光水の2色にするか、ドロマーにした方が使いやすいように思います。

何より、タップしたクリーチャーを倒すためにも、「ミカドガンヴィート」の流れは何度も欲しくなります。
あとはデスゲートなどの除去呪文を使えるのも大きいですね。



マグナム1枚相手の場に立っているだけで、こちらには除去札がないため黙るしかなくなります。
デッキの相性と言ってしまえばそこまでですが、もう少しまともに戦いたいですね…
思い入れがある分、環境を無視して使い続けたいです。
とりあえず次は2色にして回してみます…

気付いたらもう8月っすよ…

4月から働き初めて早くも4か月たちました。

いやぁ…ホントにあっという間でした。
新しい経験の連続ってのは時間がたつのが早いですねー


職業上、3年位たたないとなかなか流れをつかめそうにないですが、何とかクリアしたいですね。
まぁやりたいと思っていた仕事なんで、やりがいとかそういったものは感じてますし、想像を越えない程度の忙しさと精神披露なんで、鬱とかにもなってないです。
実は一時期ヤバかったんですが、休みになってから少し楽になりました。この期間に心を休めたいですね。



8月のお盆は岡山行って、帰ってきた次の日に高山行って、帰ってきたら婆ちゃんち(中津川)に行きます。
ぴょんぴょん色んなとこに行きますが、社会人ならではの経験なのかなぁ…なんて。金銭的な意味でね。


大学生のときは4年間のうちほとんど月2万のバイト代で生活してたんですが、今は一気に給料が増えたので、なんかお金の使いかたが悪いです。はい、猛省します。

自分のレベルを上げたいですねぇ…
うわぁ…がんばろう
プロフィール

バロン・Lv8

Author:バロン・Lv8
Twitter始めました
@kouT_nmbrn
オタクなのか怪しいけど、分類するなら「声優オタク」であり「ゲームオタク」
気に入ったゲームはやりこみます。縛りプレイばかりですが。
●モンハン
ソロハンター。G級防具コンプ厨
●ポケモン
気が付いたらプログラミングしたり、2次関数を平方完成したり、11元1次方程式とか解いてた。
●TCG
DMメイン。この前自作カードゲーム作ったよ。結構遊べます。

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。