スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポーツで全力を出すってどういうことだろうな

今日、引率で大会に行ったんですが、その中で自分が思ったことをここに書き殴ろうと思います。


自分は小学校2年生から競泳をしていました。
一番自分を追い込んだのは中学校3年生のこの時期です。


絶対に負けたくない相手がいて、その人と自分は同い年にもかかわらずタイムには大きな差が有りました。
悔しかったです。ただただ悔しかったです。

それから大会までの1週間、それこそ死にもの狂いで練習しました。
結果はまぁまぁでしたが、その練習の過程で学んだことがありました。


競泳のレースにおいて…


・壁にタッチし終わってタイムを見て悔しがったり大きくガッツポーズをする必要はない
・水から上がって自分でさっさと荷物をまとめてすたすたと歩いて控え席に戻る必要もない
・立ち上がる必要もない


競泳はスタートの合図のあと、一番はやく既定の距離を泳いでタッチすることが重要であって、それ以外の要素が全く必要ないということです。
だからタッチをしてガッツポーズしたり、水から上がったり、立ち上がったり、歩いたりするような体力があるなら、その分もっと早く泳げるはずです。

「全力を出す」ってそういうことなんじゃないでしょうか
人間って思いのほか「全力」を出せていないんですよ

しかし普段の練習のなかでは、そう何度もバタバタと倒れてしまっては意味がないです
練習では決められた時間、例えば2時間練習するなら2時間ちょうどでぶっ倒れればいいのです
限界とはそういうことなんではないでしょうか?


「もう限界。動けねーよww」

なんて言う体力が残ってるうちはまだ動けるはず。

そういったいわゆる「扉」を自分の意思で開ける一握りの人間が、どの競技でも強いんじゃないかなと思います。
スポーツ漫画でよくある「あれ」です。
実際にその扉はあると思います。上位に行ける人間とそうでない人間を分ける扉が。



私は残念ながらそれを開けきることができなかったです。
最終的に自分がした選択肢が間違いだとは思いませんが、もう1つの選択肢を選んでいたら、今とは全く違った自分だったと思います。

多分もう自分はスポーツではその域にたどり着けないと思いますが、別の事で真の意味での限界にたどり着きたいです。
スポンサーサイト

プレイマナー教育

私がプレイしている「デュエル・マスターズ」は対象年齢がもともと低いこともあり、ショップで開催される「デュエル・ロード」という公認大会では、多くの小学生を目にします。場所によっては半数以上が小学生になることもあります。

そのため、やはりと言いますが、ルールがあいまいだったりする子も多く、大人プレイヤーとのトラブルになったりすることもあるかもしれません。
ってなわけで、まずケースを挙げてみましょう。



1:シャッフルは自分でした後、相手にカットしてもらう。
 シャッフルしてもらった後はもう自分は山札の順番が変わるようなことはしない。
2:デッキトップを故意に確認。
3:手札からではなく、シールドからまず配置する。
4:召喚酔い。
5:マナの支払い。
6:ダブルブレイク以上のブレイクが発生した時に、全部同時に手札に加える。
7:知らないテキストが多い。

ってとこですかね。
1、2に関してはまず「大会でプレイする時の約束」ですね。
あと、小学生は手が小さいのでオーバースリーブがついているようなデッキは扱いにくく、シャッフルが難しいです。私もオーバースリーブを付けたデッキを使うときは、気の毒になります…
デッキトップの確認は、大人プレイヤーの「シャカパチ」のようないわゆる「手癖」なんだと思います。私も気づいたらパチってますので、気を付けるようにしてはいますが…多分初心者の小学生にとっては、「シャカパチ」は威圧以外の何物でもないと思います。

3~6はDMの基本的なルールですね。
シャッフル後にいきなり手札引いて、「うわー事故ったわー」とか言いながらシールドを設置する子の多いこと多いこと…あと、召喚酔いなしにビートしてきたときはビックリしましたが、いかにも「最近始めたばっかりです」って子でした。
マナの支払いってのは、「コストが7なら、マナゾーンに7枚カードがあれば出せる」と解釈している子もいるようで、火マナがない時にボルメテが飛んで来たり、マナタップをしないので手札のカードが全部出てきたりもありました。
ブレイクに関しては中級くらいのレベルにある子でも間違えていたりする印象です。まぁ…アニメの描写も「2枚ブレイク後にトリガー発動」とかあったんで、その影響もあるかもしれません。

7は初心者なら当然ですね。
始めたばかりのTCGでは、必然的に知らないカードが増えてきます。また、ビクトリーレア等、高レアリティ高額カードは手が届かないたべ、正確にテキストを把握していない場合も多いです。他には昔のカードですね。今何が起きているのか分からないでキョトンとしてます。



ケースと具体例を挙げてみましたが、このようなケースに対して私たちはどのように対応するべきなのでしょうか。
まず優先すべき考えは、「プレイヤー人口の増加と、レベルの底上げ」だと思います。
これはカードゲームだけに限らず、スポーツ等にも当てはまりますが、同じ競技をする人口がたくさんいるからこそ楽しいのであって、決してひとりきりではできません。まぁそのあたりは私が以前書いた記事にありますので、この場で改めて書くことはしません。
E2の新システムとして「ガチンコジャッジ」がありますが、昨今「ヴァンガード」がTCG界に登場し、そのゲームシステムから「初心者でも勝てるかも」と言うところからプレイヤー人口が拡大したように私は思います。タカラトミーさん側も「新規層の獲得」を図ったシリーズでもあったのではないかってことです。

そうして「勝てるかも」と思いながらDMをはじめ、思い切って大会に出てみたら、いわゆる上級者のシャカパチに圧倒されつつ、上記1~7のようなトラブルが起きてしまっては本人にとって非常に悲しいです。

そこでようやく私たちがすべき行動が見えてこないでしょうか。
私は以上のことから「ルール・マナーを学びつつ、また来たい・もっと知りたいと思える1戦をすること」が、私たちのすべきことだと考えています。

DRではどうしても上位賞を獲得するため、その子に勝たねばならないとは思います。
ただ1戦が終わった後に、「空いてる時間にもう1回やってみようか」と声をかけるだけで、より興味を持てるのではないでしょうか。
その時に、レクチャー用のデッキでも使ってDMについて教えた後、そのデッキをプレゼントできたら最高ですね。

他のTCGですが、自分が初心者だったころに色々な事を教えてくれる上級者がいるってだけで、そのゲームがどんどん好きになっていきましたし、「今度余ったカードとか持ってくるね」って言われた時は本当にうれしかったです。
そういう経験から、今度は自分が初心者の人に対してお返しをしたいと思った結果このような結論に至りました。

ただ、私自身が「シャカパチをする」「所持デッキが頭おかしい事が多い」ということもあり、今書いていることをできているとは到底言えません。
この記事を私の決意表明としつつ、より多くのDMプレイヤーの方に実践して頂けるように願っています。



長い記事に最後までお付き合いしていただき、ありがとうございました。
この記事を読んで何か意見・感想等ありましたら、気軽にコメントしていただけると幸いです。

「ごめんね」といえる関係

別に「ごめんね」に限らず、「ありがとう」も大事なんだけどね



今日はまず少し真面目なおはなし
DM的な要素もポケモン的な要素も皆無ですので、「それでも良いよ」って方のみどうぞ


・・・

続きを読む

コメント返信で気を付けていること

最近記事にコメントをくださる方が増えたので、私がコメントに対して今どんな風に考えているか記事にしておきます。

いやぁ…しばらくたってから自分の考えていたことを見直すと、それはそれで自分も成長できるような気がするんですよねw




ってなわけで本題に入ります。
私自信、基本的にコメントを頂けるのはとっても嬉しいです。
例えそれが記事や、私の考えそのものを否定しているものであってもうれしいです。(まぁ多少はむっとなるかもですが…)

私は自他共に認める「考え方が偏った人間です」
というか簡単に言うと「クズ」ですね

ですので、ひとたび「こうだ!」と思うと自分一人ではなかなか考えを変えられないんですよね…
今まで22年生きてきて、人の意見・考えから多くを学びました。(その時に素直に聞いていたかは別としてね)
それで今思うのは、意見の交換が私を成長させてくれたって事です。


ぶっちゃけ「当然」なんですが、こうしてテキストにするってだけでも成長できると思います。
そう、「発信する事」が大事!
人間、思っても言わない場面の方が多いのではないでしょうか?私はブログを初めて7年目なんですが、続けているうちに自分の考えていることを文章にして発信することが上達したように思います。(まだまだ下手だとは思いますが…)


コメントの話に戻りますが、コメントを頂くと自分の考えの「良かった所」「悪かった所」を知ることができます。
文章ってニーズがあるとは思いますし、感じ方は人それぞれです。
その「考え」「感じたこと」をコメントにしていただけると、新しい考え方への一歩になり、お互い成長できるのではないでしょうか。

違う考え方に触れ、自分の考え方を再考察し、それを発信…

と繰り返すことで、議題の質も上がっていきます。
…とまぁいい事ばかりあげましたw




で、私のコメント返信について

基本的にコメントはすべて返すようにします。
ただ、大学の友人がたまにコメントしてくれたりした時は、その友人のキャラ付け上「ガン無視」になってしまったこともありましたが、今思うと申し訳なかったなと…

これまた教育実習で学んだことですが、


人(生徒)が書いた文章に対してその文章以上長さのコメントを返すと、文章を書いた人(生徒)は嬉しいのでもっと書きたくなり、そのための思考が深まる


ってことです。
それを指導して頂いたとき、自分が生徒の立場だと、先生からのコメントをもっと読みたくなって、またたくさん書くだろうなと思いました。
この記事を読んでくださっている方はどう思うかわからないですが、まぁ大体こんな感じの思考でコメント返信してます。


「またコメントをしよう」と思って頂けるようにやっていこうと思います。



今後ともよろしくお願いします。

競技者としての心得

なんとなく思ったこと、というか最近自分でも忘れがちなので記事にします。


スポーツにしろ、ゲームにしろ誰かと一緒にやるから面白いものです。
ただ、その一緒にやる人に対して、忘れてはならないことがあります。

今回はそんなお話。





私は小学生6年生の頃、球技クラブに所属していました。
球技はからっきしでしたが、「うまくなりたいなぁ」なんて考えながら入りました。

その日は、クラブ活動の日にも関わらずあいにくの雨で、外で活動している球技クラブは空き教室でスポーツのビデオ鑑賞となりました。

たしかサッカーのビデオだったと思います。
一通り見終わった後、顧問の先生(男性、ワイルド)がこういいました。



「今見てもらったビデオでは、解説の人が対戦相手の事を『敵』と言っていたのが分かった人はいるか?スポーツ、特にサッカーとか野球などは相手がいるからできる。だからその相手の事を『敵』と表現するのは、相手への尊敬がない。スポーツをするということは相手への尊敬の心を決しては忘れてはいけない」


的な感じでした。
私が小学校6年生というと今から10年前ですが、10年前のある日のことをこうして思い出せるということは、私にとってインパクトのある言葉だったのでしょう。
この先生と出会ったのは4年生の頃ですが、正直この先生と出会ったから「教師」を目指したのではないかとさえ思います。


話を戻します。
私の恩師のこの言葉は、スポーツだけでなくゲームにも当てはまりますし、またこの心得は日常生活にも活きてくるように思います。

相手がいるからゲームが楽しいです。
ソロプレイ系のものでも、同じように楽しんでいる人と会話をするのでも楽しいです。
私がやっているTCGでも、対戦相手がいるからこそ成り立つことですし、尊敬…とまではいかないにしろ、少なくとも敬意ははらうべきです。(あれ…?同じ意味でしょうか?)

同じことをする相手がいるから競い合い、お互いを高め合います。




ですが、DMvaultというサイトでの対戦ログを見ていると、そういった心得の無い方をたまに見かけます。

「他のプレイヤーの意識を変える」

よりも、まず自分が変わることから始めてみませんか?
私も日常生活の中で、相手への敬意がない行動をよくしてしまいます。
そんな時、恩師の言葉を思い出しています。



私も将来、こうして生徒の心に何年も残るような言葉が言える教師になりたいです。
駄文長文でしたね。

相変わらず文章構成が下手ですな…orz
プロフィール

バロン・Lv8

Author:バロン・Lv8
Twitter始めました
@kouT_nmbrn
オタクなのか怪しいけど、分類するなら「声優オタク」であり「ゲームオタク」
気に入ったゲームはやりこみます。縛りプレイばかりですが。
●モンハン
ソロハンター。G級防具コンプ厨
●ポケモン
気が付いたらプログラミングしたり、2次関数を平方完成したり、11元1次方程式とか解いてた。
●TCG
DMメイン。この前自作カードゲーム作ったよ。結構遊べます。

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。